スイングを治そう、良くしよう
基、ゴルフクラブを「ちゃんと」使ったスイング を覚えよう
というコトであれば、

ちゃんと従来の、今までのスイングの
メリット・デメリット
あたらしく学ぼうとするスイングの
メリット・デメリット
を把握した方が良いでしょう。

思いつく限り ですが、
一般的な ヘッドを振る、ヘッドを返す
ヘッドローテーションするスイングの
メリットは
●今まで通り である と言う一点だけ です
デメリットは推挙の暇がありませんが、
●体を痛めやすい
●体力次第、年齢次第、体の頑丈さ次第、痛みへの鈍感さ次第
●飛距離を出しにくい
 歯を食いしばって親の仇のように振っても その分飛ばない
●安定性が乏しい
●経験を積んでも スライスの恐怖が付きまとう
●特定のクラブが特に苦手になる(例 フェアウェイウッド)
●アプローチを得意としないので スコアの伸び止まりが速い


ゴルフクラブを「ちゃんと」使ったスイングの
メリットは いままのスイングのデメリットの裏返し です。
楽しいメリットとしては
●ゴルフクラブの本当の機能が感じられる新発見
●クラブの機能を味わえる楽しみ
●このスイングでないと打てない弾道:球筋があります
●強く、速く振ってないのに飛びます
デメリットもあります。
●今までのスイングとの共通点がありません。
 一から 別の動作 を覚えなくてはなりません。
●ゴルフ仲間との共通するスイング議論が出来ない
●平均的なゴルファーには違和感のあるスイング像でしょう



それを踏まえた上で
今までの インパクト付近、
言うなれば ボールそのものをどう当てるか、どうどかすか
そこの究極の部分をどうしたいのか を見定めないとイケマセン。

ただ お題目のように 上手くなりたい
飛ばしたい、真っ直ぐいかせたい
なんてのは 誰もが言う お金持ちになりたい、ポルシェが欲しい、
お妾さんを囲いたい、イケメンと結婚したいと酒飲み話をしているに過ぎません。

正しくゴルフクラブを利用するスイング自体は
動作としても、スイング技術としても とても簡単です。
大変シンプルです。
なにせ ゴルフクラブを利用する のですから
当然 自分の「しなくてはいけない」コトが断然減る!のですから。

今まで 腕という 脚や体幹筋肉と比べると
かなり小さな筋肉で クラブと言う重量物
ボールと言う重量物をぶっ叩いていたのを
からだと言う 50キロを超えるようなモノを
緩やかに大きく動かして打つ のですから
実感も伴い難く 動かし応えも激減します。



とは言うモノの 実体験ですが、
多くの人は 「そのやらなくてはいけない」と思っていたことを
しなくていい に大変不満を持ちます。
やりがいがない…のか、打った実感がない、と感じるのか
それは人それぞれかも知れませんんが、
クラブにやらせる、からだの回転にやらせる という
今まで体験したことのない 何もしない感 に慣れないとイケマセン。
✋そこは 変な感じですけど、思っている以上に大変です。