長尺ドライバー
45インチを超えるようなドライバーには
殆どメリットがありません。

長さ とは ロフトとの関係のモノで
長いものほど きついロフトが使える
というところが ボールを飛ばせる のですが、

普通に打っている として
オジサンゴルファーの使えるロフトは10〜11度がよいトコロです
   つまり限界。

よく笑ってしまいます
ありあまりほどの ヘッドスピード であれば別ですが
厳しいロフトが使えている というのは
こすって打っている証でもあります。

また ヘッドスピード計測をする場合、
こすり打ちの方が インパクト時の減速が少ないので
数値は高くなりますから
ヘッドスピードが妙に高い〜数値が多い のも
こすって打っている匂いがプンプンします。

〇きついロフト
〇長いドライバー
〇軽いヘッド

こんな 3拍子揃った こすり易いドライバーはないですし
そもそも 長尺とは
ドライバーに飛ぶ「破壊力」がなく
 自分が頑張って 速く振る ためのモノ。

言い難いですけど お金を出して
自分が頑張るためのモノを買う のは なんだかな・・・です。

こすり球 スライスの佃煮生産器 になる可能性の方が
飛ぶドライバーになるよりも 遥かに遥かに高いでしょうね。

ドライバーに悩んでいる人ほど
スプーンのティーショットの方が飛んだりする訳で
45インチを限界に ロフトの多めのドライバーで
低く打てるようになる方が 飛ばし屋になれる可能性は高いのですよ。


また 長尺ドライバーか、やや単価の安いユーティリティしか売りモノがない現段階での
ゴルフ用品業界は 実は長尺ドライバーが風に弱い というのは
決して発表しません。
それは 460嫩度のヘッドの風や空気の影響よりも
圧倒的に シャフトの断面積の方が大きく 3割大きいですね・・・
風の吹いている時 とてもスイングへの影響が大きいのですよ。
内緒・・・にしたいんでしょうねー


あと長尺でやはり気になるのは
ヘッド重量の軽さのせいで 練習などの積み重ねによる
インパクトの衝撃が 手首や肘などに非常に大きいことです。
重さはイコール スイング…ヘッドの推進力になるのですが
軽いヘッドの長尺ドライバーは
自分は一生懸命振る
インパクト時のボールの重さに負けやすい
その衝撃が関節に溜まり易い・・・です。