ヘッドを動かしたい(グリップの移動ではなく シャフトの振りで)
と言う気持ちはわからないではないけれど
それは そのままロフトを増やすことにもなり
重さとの戦いになるから 筋力勝負になる。

そこは 乗り越えてほしいトコロ ですね。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)スナップショット 6 (2017-01-13 12-29)








ヘッドはグリップとシャフトでつながっているのだから
腕の補助も使い、からだの回転で
グリップをどんどん動かす
 ヘッドを動かしたければ 量も、速度も、方向も 👉グリップを動かす

グリップを動かすコトを主にすれば
前傾も保ち易く
からだの回転も促進されやすい
並行して 傾きを維持したままの回転が出来やすい
重さと闘えば、重さは回転に対し 錨の効果になってしまうが
重さを放っておけば その重さの落下が回転に使い易い
ゴルフクラブは構造上、そうなっている。

問題は 概念というか、思い込み、気持ちのみ。

技術的には 重さにも逆らわないし
その重さが補助になってくれるのだから
かなり 楽になる。



足し算 引き算をしよう
 今までと違う 動きを考えた時
 ✋右ひじの動きを増やしたとき
 ゴルフのスイングはトップオブスイングにしても
 インパクトにしても だいたい 所定の場所
 だいたい決まった場所ですから
 なにかが増える ということは その分何かが減ります。
 ✊右ひじの張り、曲げた分の高さ を取った時
 その分 左腕の動作量も減るのです。 
e8e506c0-s

 特に今まで体験したことのない
 からだの回転で直にクラブが移動させた時、
 その分、腕でクラブを移動させる量は大幅に減るのです。
 今まで 充実感いっぱいだった 重さをブン回す感じが
 からだの回転に取られてしまう感じは
 なかなか馴染めないのかもしれません。
 特にからだの回転の場合、
 今までの腕の 縦横の仕事をほとんどとってしまう
 大変有能な社員ですので・・・。

  重さに逆らい強引に腕で動かしたのを
 腕よりも遥かに筋力のある体幹が
 より軽い状態でクラブを動かす と言う認識が必要です。

 双方 増える増える では ボールは打てません。