スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)


ヘッドを振らない?
引き摺る様に引っ張ってるのとも違うのですよね?


A:よく考えて頂きたいのです、
 ゴルフクラブの形状と遠心力の関係です。
 遠心力はそのものが「外へ外へと膨らもうとするチカラです」
 その力は 重さ(長さ×重さ) × 運動速度分です。
 トップオブスイングからインパクトに欠けては
 右打ちの人であれば  右・外・下方
 その方向は これからボールを打つその方向とも
 打ちたいボールの方向とも異なります。
 それを増やすと 打ち易いでしょうか?
 振り易いでしょうか?

 植えられてしまった観念を妄信していませんか?

 ゴルフのスイングは遠心力を使わない とは言いませんが、
 ボールをより強い力で叩いたり、
 結果、クラブ(グリップ)を速く動かそうとした時の
 負荷や抵抗にしかなりません。

 当たり前ですが、クラブは重力によって落下する以外
 自分では『一切動きません』から
 自分が運動をして、グリップを動かして、ヘッドを動かすのです。

 故におっしゃられる通り 引っ張るとも微妙に違う気がしますが、
 引きずるような ヘッドは「捨て置いて」グリップ遅れないように
 グリップが出来るだけ左サイドにあるように クラブを引きずる と良いです。

 そのうえで クラブは構造上、
 ヘッドと言う特出した重さが グリップより高い所にある時は
 その重さを使って グリップを動かすコトが可能です。
 それは有効に使いたいモノです。
 ヘッドの形状がありますから
 クラブの位置やヘッドの姿勢によって
 どの方向にグリップが押されるとより「楽になる」のか
 考えてみましょう(^_-)-☆



修正後_Moment修正前_Moment










クラブを持って無いつもりで
シャドウスイングのような感じでしょうか?

A:成人男性のドライバーショットで
 ヘッドに掛かるボールの圧は 800舛髪曚┐泙后
 ヘビー級のボクサーのパンチよりすごいのです。
 その重さが掛かりますから、さすがに 素振り(シャドースイング)よりも
 大変ではありますが、
 コト 素振りにおいては
 クラブを持っていない 素手状態よりも
 クラブを持っている方が 動作は楽です。
 クラブの重さと言う「助力」が使えますから^^

 クラブを持った素振りの方が上手くいかない と言うのは
 運動中、どこかの時点で クラブの重さと自分の動かしていきたい方向に
 ギャップが生じている というコトです。
 👉それは それを感じた時の 前のコマ(場面)で
 クラブの位置やヘッドの姿勢などが あまり芳しくない というコトを示唆しています。


スナップショット 17 (2013-06-03 19-49)


ヘッドを顔の正面から動かさない様に体を回すのでしょうか?

A:顔の正面 というよりも
 特に『常時、グリップは体の左サイドの置いておく』感じです。

 スライスも、ひっかけも、チョロも、ダフリも、トップも、
 グリップが体に対し 右にズレてしまう→手遅れ
 コトが大きな原因です。
 殆どそれがすべてと言っても過言ではないほどです。

 まあ ボールを見続けるより
 はるかに 体をきっちり、骨盤、胴体をきっちり右に向けることの方が
 大事なので、 ヘッドを見続けながら 素振り、練習を見てみるのは
 とても良いかも知れません。