トップの位置でシャフトがクロスしてしまうスナップショット 1 (2017-11-13 14-55)
と言う言葉があります。

(右打ちの場合)これはトップオブスイングで
シャフトの向きが飛球線よりも 右を向いてしまう というコトを指します。

多少…であれば さして問題はありませんが、
度合いがすごいと ダウンスイングで
左腕の始動が遅れ 『手遅れ』の原因になります。
ダウンスイングに入るのに
 クラブの重さがいったん左腕の動きを止めてしまうので
 「手遅れ」・・・
 インパクトで グリップ部(特に左腕)が
 体の右にズレる・外れてしまう要因になりかねません。



✋トップで 右ひじが曲がる分 上がり、
  かつ外に張りめにする
と提唱しております「鼓笛隊打法」ですが、
従来の 寝かして手で上げるスイングの方が
この改善をすると 大きくシャフトクロスが発生する場合があります。

意識して頂くことは▲櫂ぅ鵐箸△蠅泙后

1212-1ー蠱戮譴慮彊になることは未然に防ぐ

従来 体の向き、骨盤の向きを変えず
左腕なり、左肩だけで 右を向いている「フリ」をしていたのを
骨盤で右を向く と言う習慣を付けて頂くためのモノです。


クラブを所定の場所(トップオブスイング)、自分なりの想定の場所に
もっていくのに 左手だけで行っていたのを
右手「でも」行うようになりました。
仕事は『両腕で分担』して行いますので
 左腕の動きをその分抑制する必要があります。

シャフトがクロスしてしまうのは
左腕が右に押してしまう、右に移動してしまうからで、この際
✋テークバックは右手でクラブを持つ、扱う
✋テークバック時 左腕はからだ・胴体の回転以外では移動しない

 (体をまわす で 体を捩じる ではありませんよ)

👉過度のシャフトクロスが悪いのは
 クラブの重さが左腕を引き留め
 ダウンスイング→インパクト の過程で
 左腕が体から遅れてしまうコト! にあるのですから
 テークバック時に左腕の運動量・移動量を
 減らしておくことの方がより遅れは防げます
 
✊それによって 過度のシャフトクロスも防げるのですから一石二鳥
 是非 トライし、慣れてみて下さい。


スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)






右手の使い方のイメージを治そう

 多くの方は
 からだの回転は斜めとは言え 横・水平 →ロフト方向10003407_290033064486765_134308500_n
 クラブの手のさばきは縦・垂直      →ライ方向
 と考えている節が強くありますが、
 ゴルフクラブは ソールでボールを打つのではありません。
 打面は横に付いているのです。
 そのイメージ 縦方向〜ライ方向にクラブをさばいたら
 そのまんま ボールをこする ように打つことになります。

 良く考えて見ればわかるのですが
 ボールを打つ方向 に対し 上から下 
 縦にクラブを入れれば ソールで打つのなら
  芯を喰いますが
 横についているフェースで打つ訳ですから
 単にスピンをかけるための打撃になってしまいます。

 言葉で説明するのは難しいですが、 
 腕の役割は 体の傾き、前傾姿勢の傾斜を
 少し急にするだけ(アップライト)で
 あくまでも その軌道上にグリップ、クラブを押す ことです。

 ライ方向にクラブを動かす というのは
 テークバック時にもよく見かけますが、
 よほどの腕力(馬鹿力)が無い限り、
 スピンが増える、ボールが高くなるばかりで 飛距離が出ません。

 👉右手は行きも帰りも ロフト方向(右の時はキャビティ方向)に動かします