ミステリーのドライバー 2機種の比較です。

CF-455 はセミシャローの安定度指向
PROTO はややディープタイプの飛距離指向 のヘッドですね

455T-1460TL-1莢菫 CF-455

蕾菫 PROTO 460








455T-4460TL-4双方 体積は 460cc

ロフト構成は
 9〜12度までの0.5度刻みです

同じロフトであっても特性上
CF-455 の方が上がり易く
PROTO460 の方が上がり難い ので
CF-455 はややきつめのロフトを選んでもOK
PROTO460 はやや大きめを選ぶと良いと思います。


455T-3460TL-3この2画像が
性格を如実に表していますね
同じ体積でも
フェースの厚み(高さ)が
CF-455 は 52ミリ
 〇重心高 28/24
PROTO460 58ミリ
 〇重心高 32/26

455T-2460TL-2
見ての通り
CF-455 の重心距離は 40mm
PROTO460 のそれは 37mm
性格の比較であれば
CF-455 は左に行き難く
PROTO460 は右に行き難い
それに応じて ライ角度は 60/59度

455T-5-1460TL-5-1

上がり易さの指標である
重心深度も
CF-455 は 38mm
PROTO460 36mm
重心角度は
双方ともに 21度 です。