ダウンスイング〜切り返しの動きのお話し。
 ものすごく多い症例で、ここを理解できると
 かなり自分のスイングの欠点が見えてくる…んだけど
 上手に説明できたか ちと心配…です。

e968a0ac

ゴルフクラブは当たり前だけれど手で持っている。
クラブはどこかの時点で手で補助なり、
動かしてあげないと元の形に近いところには戻れない。

一般的な トップオブザスイング では
クラブの長さ →重さという意味での長さは
非常に短くなるので この時点がチャンス☆

.ラブの重さ という意味での長さとは
 例えば 1mのゴルフクラブであれば
 地面と水平な状態になっていれば
 ヘッド(クラブ)の重量 × 1m が重さになるけれど
 グリップの真上にヘッドがある場合
 ヘッド(クラブ)の重さに長さという係数がかからないので
 それそのものが重さになり、
 運動による加算を除けば、スイング中
 クラブの重さは最小の状態になる。

体を回し始めたら 腕や手はクラブを動かすことは
 全くできなくなる。
 体を回す運動分、クラブや腕の重さに加算が加わるため。
 運動による加算は 腕も含まれるので
 長さによるクラブの重さの加算以上に激しく重くなる。


123

✖⓵体を回す
✖⓶腕(手)を動かす

という手順にすると
体の回転、動作が収まる、静まる、止まる、減速する まで
手は動かすことは出来ず、トップの形のままになってしまい
体が止まる☛その反動でクラブ、手が動き始める
という手順になってしまう。

ということから
『結果』として 体の回転と同時にクラブを動かす形を
取るのには、先に腕を動かし始める必要が出てくる。


 
ここまではわかりますか?



           

ここからが問題で
トップオブザスイングで 先に手…グリップを移動させるのは
単にクラブの重さを利用しつつ
脱力する訳ではないけれど、
 そのままグリップを下げれば良いだけで
特に「筋力」に頼らなくても難しくはない。


結果として トップの位置で右肩の前(仮に)にあったグリップを
その重さも使い、ベルトの高さに落とす
どちららかという「降ろす」という自発的な行為ではなく
「落とす」に近いような行為になるのだが
多くのゴルファーは ここで大きく間違いを起こす。
プロも含め 8割以上のゴルファーがここの動きを間違っている。

ここの動きを 別な言い方、
よく耳にするゴルフ用語では
「クラブを立てて降ろす」とか
「グリップエンドを地面に突き立てて降ろす」
という言葉があるのだけれど
この本当に意味は
利き腕を伸ばしてグリップを下げる
グリップの位置と肩とを上下に離す

という意味なのである。



😱😱😱どう間違っているか というと
多くの人は ここで全く持って腕が使えず(肘が伸ばせず)
体を屈曲する
右サイドを下げる動き
 で
グリップが下に移動しているのを
腕を使ってクラブを降ろしていると錯覚している。
スナップショット 8 (2013-09-23 15-37)スナップショット 9 (2013-09-23 15-37)





この動きは 非常に重い副作用が付いていて
『自分では腕を使って グリップを降ろしている』
と思っているが、
実際には 腕、肘の曲がり具合などは
トップの位置のままで 全く動いておらず
体を横(右)に屈曲する動きをすることでグリップを低くするので
腰が左にズレ、頭が残った形で
へそから下だけ 左へシフトするような姿勢になる。
と 当時に この時点で右向きは正面向きにまで
無意識な回転をしてしまうので
スイングの中で一番重要な
✊回転によって ボールを打つ 一番のポイントを失ってしまう。



☆トップでの右向き ➟ 正面

この区間は
本来 ダウンスイングの時間と平行するもので
この右向き➡正面という過程の中で ボールをさばく。
体の前傾姿勢も伴なう回転では
この区間が「上から打つ」でもあり「インサイドから打つ」
でもあるので、その機能を使える時間を逃してはいけないのだけど
自分ではグリップを下げている動きが
👹体の向きをほどき
👹体を屈曲させ、上向きにし
👹下半身だけ左へシフト(
➟これをスウェーって言うんだけどね)
その動きによって 
スイングの一番美味しいところを失ってしまっている。
ここが「スイングの肝」
ここの区間が利用できるから、この区間にボールを打つから
体の回転と前傾姿勢の意味が出てくる んだけど、
そこの「機会」を失ってしまったら、使わなかったら
体の回転と前傾姿勢には何の意味も持たない
ただの形式的な、ゴルフらしく見える恰好なだけになってしまふ。



グリップを降ろそうとすればするほど
回転はほどけ、体は上を向き、
本当の意味でのスウェー…ヘンテコなシフトすることに
なってしまっているんだよね。

この大間違いの動きは
色々な問題を内包してて
多くの人は治そうとしているんだけど
グリップを動かす動きが
 実は体の回転や変なシフトになっている…、
体さばきそのものは意識をした動きではない
ということには気づいていないので
治し様がないんんだよ。

IMG_0363


トップの位置でグリップを落とす 下げる動きは
ほんとーーーは 脱力に近い、筋力の要らない
ほわー っとした動きなのに
この「誤った動き」は 力感一杯
 これをまさに「りきむ」というんだろーね
ー。

 理解できたかなぁ…