スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)


Q::インサイドから打つ、インサイドから振る
   
どちらを選びますか?
   どちらが良いと思いますか?



体の向きとは関係なく
 アドレス時の飛球線の自分側、内側からヘッドを入れる
 総じて 体は大きく開いてのインパクトになります。


体の向き 右向き→通過点としての正面(ボールと正対)
 その時期にインパクトを迎える



dohiraki
,鯀ぶと クラブは寝かすことになり
 インパクト前段階では ボールに対してソールが向く形になりますから
 直前に フェースをボールに向ける ヘッドの返しが必須 になります。
 
 ヘッドの返しは グリップ部の移動が多いと不可能ですから
 インパクトでグリップは止める感じが必要で
 スピードを上げたいのか、スピードを上げたくないのか微妙な行為です。

 また ボールを打つ瞬間は 腕先とクラブしか動いていませんので
 ボールの重さに強くないインパクト になりますから
 ラフやバンカーなど ボール以上の負荷がかかる状態には強くありません。

 ヘッドの返し、ヘッドを振る行為は クラブの先、延長線上に遠心力がかかるため
 クラブが膨らもうとしますから
 今 流行りの「地面反力」というインチキワードで
 空間を作らなくてはイケマセン。
 より 体を開き、より左サイドを上げる必要が生まれる というコトです。

 果たして この方法が 上から打つ、ボールをつぶす につながるのか
 大きな疑念が残ります。


△両豺隋意識としては クラブなり、腕(特に左腕)を
 先行してスタートさせる必要がありますが
 重さがかかるにつれ 体の向きが変わっていく
 それそのものでボールを打つことになるので
 ややシャット目に グリップを抜く と言う以外
 ヘッドの操作は一切不要。。。 
 ヘッドは置き去り、忘れてしまってよいと思います。
 結果、からだの回転が打つコトソノモノになります。

 どの位のタイミングで、どの位の量・時間 左上腕を先行させるのか
 どの位の量 シャット、下向きのフェースが必要なのかは
 その方の好み、特性によって 数をこなしながらの見極めは必要です。
MVI_0670Trim(2)_Moment
 インチキワード「地面反力」と真反対の
 重さによっての 受け身、意識的な動作ではありますが、
 左サイドは沈みながらのインパクトになります。

蹴るチカラ ではなく、掴む力が大切になります。





このどちらを インサイドから と言うのか
によって 覚えるゴルフは大きく大きく異なります。 


・・・出来れば スイングを教える立場の人が
 この部分の正しい見極めをしてほしいかな…と。