Mr.Kの練習でも顕著に出るのが
クラブによるスイングの差 です。

硬いシャフト/軽いヘッド のクラブだと
テークバックでヘッドを素早く、たくさん動かせます。
左グリップの移動量が多いですから
ダウンスイングで振り遅れになり、
結果、インパクトで
 右グリップを茱哀螢奪廚硫爾貌れる必要が生まれます。
硬いシャフト/軽いヘッドのクラブでは
地面にあるボールに届きにくくなるので
最後の グリップの入れ替えが欲しくなります。
それゆえの準備、テークバックになるようです。

IMG_0058Trim (2)_Moment(2)IMG_0226_Moment








柔らかいシャフト/重いヘッド のクラブだと
テークバックでヘッドをたくさん動かすのは辛いです。
クラブも長くなるように使うと重いですから
立ち上げも速めになり易いでしょう。
そんな経緯から 茱哀螢奪廚琉榮阿肋な目で過ぎますから
ダウンスイング以降での「手遅れ」は少なくなります。
ヘッドの重さとシャフトのしなり によって
グリップも進行方向に押されやすいですので
グリップの入れ替えをしなくても ボールに届きます。

その違いはかなり大きく
スペックによる強弱はあっても
クラブがスイングを作る  が良くわかる実験でした。