まず 徹底的に意識して貰ったのは
テークバック初期にグリップエンドをからだから離さないコト

それをするのには
手先で形を整える、なぞる、真似るのではなく
しっかり クラブの向きをからだの向きで変えるよう
意識してもらいました。

IMG_0211_MomentIMG_0058Trim (2)_Moment







IMG_0211_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(2)








元々 こすり気味がひどく
出球が高いのが それだけでも かなり低く
ボールの音も良くなってきました。
これだけでも 違いが出てきます。




次に 右ひじを外に張り、高さをしっかりとる
右腕を曲げた分、肘を曲げた分、肘を上げる にトライ。

IMG_0211_Moment(3)IMG_0058Trim (2)_Moment(3)







IMG_0211_Moment(4)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








✋これにはとても抵抗があるようです(^_-)-☆
 なかなか馴染みません。
 気にしても 数球で元の高さに戻ります。


右ひじを曲げるのは
「右ひじを曲げる」コトそのものが目的ではなく、
右ひじを上げるコト 外に張ること によって
☑からだが向きをでクラブの向きがしっかり変わるコト
☑前傾姿勢なりに右サイドが高くなるコト

こちらが本命です。

加えて言うのならば
テークバックと言う 右への動きの際
 ✊右腕も含めた右サイドが主導
左サイドはあくまでも補助に使う
おそらく 今までとは反対のクラブと体の関係と作っていきたいのです。

ブログを書き始めた当初から言っていますが、
トップに向かって 右ひじを外に
肘を曲げた分、肘を高くする
 のを言い続けていますが、
これが真似であっても 出来ない限り
クラブの機能を有効に使えませんし、
からだの回転で! は願望でしかない状態です。

私がスイングを見る際、
一番注目する部分 はトップの位置 での
右ひじの位置、高さ です。
この位置、高さは如実に体でクラブを動かせているか
腕でクラブを動かしているか表し
どんな理屈を持っているかは好き好きであっても
肘が下を向いている限り
手で振るので アドバイスのしようがないのです。



Mr.Kも グリップをからだから離さない は意識できても
 クラブをからだの回転で動かせない(テークバック) ので
右ひじを外に 高めで と言うのが馴染みません。
放っておくと すぐ下がってきます。
左手でテークバックをとる癖のある人には
この右ひじの張り、高さがなかなか馴染めません。

ここには少し時間がかかりそうです。