ぅ好ぅ鵐案虻遒老燭把匹いけても身に付きません。
 動作に必ず機能・役割・仕事を持たせなくてはイケマセン。

✋これは非常に陥り易いミスです。
IMG_0058Trim (2)_Moment(4)IMG_0211_Moment(4)






「型を作る」気持ちはとても理解できます。
特に昨今はスマホなど視覚映像を確認しやすくなってので
その傾向は強くなっていると思います。
しかし、動作にしっかり機能を持たせない限り、
型で作ろうとすると 絶対に現場では役に立ちません。
動作に機能や役割を持たせず 型で覚えるには
途方もない反復練習、刷り込みが必要になり
結果として 役割のある別な動き
(=必要な動き) を覚えることになります。
フェースローテーションやキャスティングなどが
 最たる例なのです。


今回の Mr.K の場合もそうです。
IMG_0058Trim (2)_Moment(3)IMG_0211_Moment(3)






過去の練習で作ったのは 型 です。
しっかり 骨盤を右に向ける習慣も元々持っていましたが
それで グリップを動かす、クラブを移動させる
と言う機能が無いため、単なるリズム というか テンポ
としてしか役に立っていません。
これでは 疲労してきたり、精神的に落胆や高揚した場合、
まず 間違いなく 浅くなります(早くなる)。

トップの位置 のクラブの所定の場所
 に 実際は手でしか動かしおらず
からだの回転、右向きに機能がありません。

クラブの向き と 体の向き が運動として
リンクしていないと 毎回バラバラなスイングになり易くなります。




ケο咾了箸なにも機能を持たせなければいけません。

 これは からだの回転でなく 手だけで上げている人が全員陥っています。

ネット上などで 線などを引いて レッスンしている例を見かけますが
無意味とまではいいませんが、ほぼ機能しないでしょう。
IMG_0211_Moment(4)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)






トップの位置での右腕の恰好 なんて ある意味どうでもいいのです。
その右腕の曲げ伸ばし、その右ひじの曲げ に
機能、役割があるから 覚えられるのであって
型で覚えても 鏡もガラスもカメラもないコースでは
反復も修正も難しくなります。

→体でなく 左腕・左肩で テークバックを取ってる
→体の向きを変えずに 左腕でグリップを押してクラブを動かしているので
 その時点で どういう右腕の形になるかは決まってしまっている
→それとは関係ない 右腕の「型」を覚えても
 機能の方が、仕事の方が優先されるので 
 そのまじないは「練習場や素振り」でしか効果を発揮しない


☑右ひじ〜右腕が上手に使えない のは左腕の動かしすぎ
 要するに からだの回転で右向きを作れていない コトに起因します。

☑また インパクト、 ボールをさばくところを
 手さばき、キャスティング、左右のグリップの上下の入れ替え で
 打つために 支点になる左グリップが先走りせず
 右グリップが追い抜けるための準備 とも言えます。
 そこが理解できず、形だけ作っても 単なる張りぼてに過ぎません。


その インパクトの手さばきが治せず
トップでの右ひじの位置や型を作ってもより混乱を招くだけ
より不自然さが増すだけです。