こすり打ち、キャスティング、振り遅れ、手打ち
 の原因は技術的なことではありません。

正しくボールを打つ
ボールをつぶす
ボールを上から打つ
ボールをインサイドから打つ


技術的には 殆どのゴルファー
初めての人を除き ほぼ全員が既に持っています。

kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)
でも 出来ないのは
ボールをこう打つ という「思い込み」が間違っている、
勘違いしている からで その誤解を解いてあげる
ことは 一番大きなスイング改造の山場、ハードルとも言えます。



そして その誤解が、間違った思い込みが
テークバックの取り方を決定してしまい
アドレスやグリップなども 受動的に決める ことになります。


 ボールを上から打つ とはどういう事なのか? 理解する

何度も何度も書いていますが
ボールを上から打つ は
フェース面で ボールを地面(マット)に抑えるコト
 です。oto_Moment
✋塊としてのヘッドでボールをマットに抑えるコトではありません。
 それは ソールでボールを打つこと につながります。

傍から見て
ボールとヘッドが横から当たる のは
からだが回転してボールを打つ
 から です。
✋違う言い方をすれば
 ボールを打つ! その時期に体がまわる というコトです。



スイングの形・型・恰好 を無視して
ボールをフェース面で地面に押さえ込む には
 ハンドファーストが必要です。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)

ゴルフクラブは1m位の長い棒の先に
 総重量の7割近くが集中して装備されています。
人間が その接点になるグリップを移動させるから
結果としてヘッドも移動する訳ですが、
グリップを動かしても ヘッド部はその重さの分動きたがりません。
そして 大きな移動が始まれば、その移動の速度や長さなどによって
その重さは 当然掛け算で増えていきますから
基点になるグリップに比べ
 ヘッド部が遅れるのは当然で
それは自然なモノの流れですから 放っておけばいいのです


その自然な遅れを フェースの下向きになるように
仕向けてあげれば良いだけ です。

✊ボールを『フェース面』で下に押さえ込む
そして
✋ボールに横から当たるのはからだの回転
というコトになれば
どの手順でダウンスイングを始めればよいのか
既に答えがそこにあります。

からだの回転を先にして
グリップを引っ張れば
ヘッド部は遅れようとしますが、その遅れは
フェースの上向きを作ることになり
グリップ部の低さを作ることの抵抗になります。

上向きになったフェースではボールを打てませんから鼓笛隊 モデルケース-158フレームショット
ダウンスイングのどこかで グリップの移動を辞め
ヘッドを動かさざるを得なくなります。
これではからだの回転とヘッドの移動が関係のないモノになり、
ボールをさばく インパクトは手でフェースに当てる対処が必要になり
手でボールを打たざるを得なくなります。

☑フェースでボールを地面に抑える
☑横から当たるのはからだの回転

というのを 本当に理解していれば
出来る出来ないは別にしても スイングの手順が見えてきます。


✋これは ダウンスイングの話 ではなく
テークバックを作るための話です。