Mr.Kとは長い付き合いです。
30年近くになるでしょうか。
お客様の中で数少ない一緒にゴルフをしたことがある方です。

スコア。。。という面に関しては とてもお上手な方で、
お近くにお住いの為、頻繁にお店には顔を出されるのですが
なかなか こすり キャスティング が治りません。 
スコアに影響することを恐れてか? 今までは治す気も強くはなかったようです。

 ところが 何を思ったのか? 何が有ったのか?
突然 スイング改造・・・
もしかしたら初めてのスイング改造に挑まれるコトになりました。


元々 こすり球、キャスティングの代表的なスイングの持ち主
多くのアマチュアの典型のようなスイングの持ち主ですが
非常に熱心な練習量、練習頻度によって
見事な こすり打ちでにフワッとしたアプローチが上手 です?でした。
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





振り遅れのスイングは
一定の入射角度になり難く
一定のロフトでインパクトもし辛く
ヘッドの高さ がどこで低くなるのか も一定になり難い ので
練習の頻度、数が必要になります。
スイングのメインテナンスは必須 です。
人それぞれですが、年齢なども含め
どこかでなかなか練習頻度が取れなくなったりして
ご多分に漏れず、MR.Kも
今までの ショットの精度、アプローチの精度が保てなくなったのが
スイング改造に踏み出した理由だそうです。

と同時に 振っても振っても思っているほど飛ばない のは
30年来の悩み でしたから それも同時に と 始まりました。



,泙困蓮.董璽バックの しっかりした体の回し、
 その「からだ」とはどこなのか理解する。


多くのゴルファー もしかしたほとんど全員 と言えるかもしれませんが、
からだを回す や からだを使う 、からだの回転で打つ
というコトは「言葉としては」理解していても
その からだ というのが 一体どこなのか 把握していないケースが多いです。

肩をまわす コトが体を回すコト
は 合っているようで、間違っていて
骨盤、股関節の上の胴体が回るから
その上に乗っかっている肩が回るのであって、
多くのゴルファーがやっている
単に肩を回すや左肩を入れる のは
肩甲骨を動かして、腕を動かしているに過ぎません。
まるで 体が動いていない のです。

まずは頭で理解してください!
☑体をまわす 骨盤を回す 股関節が分かれ目
☑肩甲骨は稼働させない


IMG_0058Trim (2)_MomentIMG_0211_Moment







IMG_0058Trim (2)_Moment(2)IMG_0211_Moment(2)








◆´,汎韻鍵嫐9腓い任垢、
 テークアウェイの初期に グリップエンドをからだから離さない!


テークバックはでは いつ、や度合いは兎も角
 どの道 右ひじは曲がり、短くなります。
ですので グリップエンドが体に近づくことはあっても
 離れることは物理的にも異質です。

スマホなど画像を確認しやすくなった現在、
ここの分を気にしてみているゴルファーは少ない気がします。

☑テークアウェイの初期に グリップからだから離れた時点で
 手で振るしかなくなりますので要注意です。