こすり球の主原因になるキャスティング。

インパクト直前で 左右のグリップの高さを入れ替える動作 ですが、
先日の記事でも書きましたが、
この動き、多くの人、もしかするとほとんどの人の
打撃の鍵、打撃そのものになっている可能性があります。
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)






この入れ替えを ヘッドの返し、フェースローテーション と
呼んでいるのが その顕著な例 です。
✋フェースローテーションの正体はヘッドの返し ではなく
 左手の下に右手を入れる グリップの上下の入れ替え
 だと、 私は認識しています。


これをするには
インパクト、インパクト直前で、
 左グリップに右グリップが追い付かねばなりませんから
〇左グリップの移動経路は出来るだけ長く
〇意図的には左グリップを出来るだけ動かさない

という途中経過が必要になります。

テークバックを左手、左肩だけで動かすのも
ダウンスイングで 茱哀螢奪廚鯑阿さず、腰だけで入るのも
それが 鍵、肝になっている可能性は非常に高くあります。


また この動きは 飛ばない人の飛ばない原因 になるばかりでなく
〇アプローチの トップ・ダフリの無駄なミス
〇ショットでのスピンの解け
〇風に弱い球質
〇フェアウェイウッドの苦手
〇バンカーでの飛ばない球
 や
チカラのある人の
〇無駄なひっかけ
〇必要以上の左回転

をも生み易く、実はショットのミスの諸悪の根源とも言えるのです。

e00bf7e68658a3e6-s



人間の動き では なく
 クラブの動き(これは縦の変化)では
このような差になります。


ここの部分。。。
言葉や頭でわかったとしても
今まで 何年、何十年もかけて、何万球も打って
身に着けた スイングそのもの、打撃そのもの に近い行為なので
ちょっとワンポイントで そこだけを治そうとしても
治すことは ほぼ不可能… と言えるのです。
ステップが必要になるかと思います。


クラブと関係なく こう教わってしまった、
もしくは こういうモノだ としてスイングを覚えるケースもありますが、
この打撃、キャスティングは 必ず
 そうしないとボールが打てない
〇軽いヘッド
〇硬いシャフト

がパックになって付いてきます。
軽いヘッド、硬いシャフトでは 地面にあるボールに届かない から
こういう打ち方 を覚えるのか
この打ち方をするのに、クラブ、シャフトをこねくり回すのに
軽いヘッド、硬いシャフトが適しているのか
鶏と卵の関係なので、どちらがどちらとは言えませんが、
例え 一定の期間 ダフリ続けたとしても
〇重いヘッド
〇柔らかいシャフト
で それをしなくても ボールには届く と言う条件から
スイングを作り直す必要があるのではないかと思います。