スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)

クラブをからだの回転を主に、
からだの回転と同期してグリップを動かして、
ゴルフクラブを動かしていれば
 スイングには傾き(前傾姿勢)があるので

アドレス時には シンプルな高低 と言う意味で
左手の方が 右手よりも高い位置(地面よりも離れている)にあり
向きを変えると それの上下関係の見た目 は入れ替わるように
右手の方が高くなります。

これは 腕では何もしていない・・・
からだの回転に前傾姿勢があるので
自然に『何もしなくても、何もしてなくても起こる』 ことです。



キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)



ところが・・・



成り立ち(始まり)は二種類から だと思いますが、
〇硬いシャフトを使って ボールに届かないことから始まるのか
〇はなから フェースローテーションはあるモノ、そういうものだ と思って意図的にするのか

この 本来、スイングのメカニズム として
何もしなくても済む、自然に行われる
からだの回転と前傾姿勢の組み合わせの基礎になる動き を
手で行ってしまうのが スイングを間違った形で構築する 原因になります。

本来 スイングはトップの位置では
クラブを持っている左グリップを
右手が上から覆うような形になり、
順番で言うと
1.クラブの重さによって 茱哀螢奪廚下がり始め
2.その左グリップを下がりを 利き手である右手が上から補助する
と言う形で、インパクトの目標通過地点へグリップが行きます。

からだが右を向いているから
進行方向の左サイドが低いこともあるが、
右手が斜め上からグリップそのものを斜め下へ押すことによって
ボールをつぶせて、上から打てるのです。    ・・・が


フェースローテーションと名付けている 人もいますが、
この 左手と右手の上下の入れ替え
ゴルフ用語ではこれを「キャスティング」と言うのですが、
ショットを台無しにしてしまう この行為が
当たり前にある と信じている人は
これをするために 左手の進行を必ず遅らせるというか
追い抜く、追いつくことが前提にあるので
ダウンスイングで 無意識に左手を動かさない、遠回りさせる
テークバックでも 左手をたくさん動かして置く習慣が付きます。
IMG_0148_Moment

正しくは インパクト“も”
右手の方が上にあり、左手の方が下にある意識というか、
感触なのですが このインパクト直前にそれを入れ替えてしまうことによって
直前まで 上から打てるチャンスはあったのに
手の入れ替えによって
 ボールの底をフェースでこすり上げるような打撃 になります。
これを 総称して こすり打ち と言います