ぼんやり見る限りは、
先に体ではなく、左上腕を動かして始めている
というの 掴み辛いかもしれませんが、
当の本人の意識は 相当、左上腕〜右腕の伸ばし が先
グリップエンドが左太ももを通過・・・までは
右向きをロックのまま
 の意識です。

その位の意識で
やっと 同時、同時進行、
からだの回転通りの動作進行 なのですから
スローな素振りでのトライでも、自分の動きがいかに
からだの回転先行で クラブ・・・腕を取り残し
結局 インパクトは腕で振る 振り遅れ〜手遅れ
というのが理解出来るかな? と思います。

ゴルフクラブは 1mの棒の先に
クラブ全体の重さの7割近くがヘッドと言う重量物として
装着されています。
その配分と、その長さから
運動のスピードが上がった時、
重さとして長さが長くなってしまった時、
とともに
ヘッドの方がグリップよりも低くなった時、
重くて 自由に扱うことが出来なくなります。
MVI_0878(2)_Moment(3)

からだで打つ、からだの回転で打つ スイングと言うのは
そのクラブが重くなった時・・・
 ヘッドの方が低くなっているので まあ インパクト前後 というコトになりますが、
そこをからだの回転、体のさばきで動かすコトを指します。
反対に 腕で打つスイングは
クラブが重くなった時、腕で動かすのですから
どう考えても効率が悪く、マッチョな男性…若い人向けの打撃です。

この映像を見ても
ヘッドの方がグリップよりも低くなり始めると
手・腕の動作は終わり始め、
以降、グリップの移動は体の向きに預けられています。
この順序が出来るとショットはかなり楽になります。


そう考えると4bcbe6f4
トップの位置で 右ひじが下に向く準備は
からだの回転 とは関係なく、
腕で円弧を作るためのモノ…というのが
理解できるのではないか と思います。