利き手が右の人が右打ちをする・・・のだから
ゴルフで言うと 微妙な距離
そして遠く飛ばすことに
 その利き腕を
利用する方が断然良いでしょう。

そうなると
どう右手・右腕を使うのか というのが
延いては テークバックで どんな右手・右腕 の恰好 というか
準備になるのかにつながっていく と思います。


IMG_0148_Moment


 ‐紊ら打ちたいのか?!
 上から打つ のですから
 対象になる ボールは 下にありますよね。
 となると 右の手のひらを上に向けてしまうような準備…
 下にある対象物を打つのに、打つ場所が上を向いていたら1212-1
 ボール・・・打てないんじゃないですか?
 即ち そのテークバックでは 上から打つのは不可能になります。
 ショットはフェース面で打つのですから…
 ソールで「上から」打つための準備は無意味です→



◆.ぅ鵐僖トのロフトをどうしたいの??
 あまりインパクトという 瞬間 をイメージするのは良くはないですが
 通過点と考えても、インパクトをどうしたいのか
 ということになるでしょう。
 ➀でも書きましたが、
 〇正しく体を右に向けても
 〇誤っていますが、胴体を捩じって手で上げたにしても
 トップの位置 と 打つボールの関係には明確な上下関係があります。
 準備段階で、フェースに匹敵する藜蠅里劼蕕鮠紊妨けるような
 段階から ボールを打つとなると
 ロフトの立った、ロフトの締まった状況には
 非常にし難いと思うのですが、如何でしょう?
 ロフトを寝かして しゃくって打っても飛ぶのであれば
 それはそれでいいかもですけど・・・、その打ち方はアプローチを苦しめます。


 その曲げ伸ばしでは「振り遅れ」は必須です。
 多くの人は このボクシング人形のような右腕使い をしますが
 この動作は からだの回転 というターンテーブルとともに進行します。ans-267956033
 からだの回転は からだに対しては横 ですから
 腕をからだに対し 縦 に 曲げ伸ばし したのでは
 その流れ、横の回転と泣き別れ、置き去り になりますが
 いいんでしょうか?
 その右腕の使うイメージが 意図的な「振り遅れ」を作っているのでは?
 テークバックで この右ひじ(下向きのみぎひじ)にこだわっている人の理由が見えません。



ぁ]咾鬚らだに対して縦に使う と…
 単に曲がったモノを伸ばす 短くなったものを長くする と言う動き、
 その流れでは クラブは 茱哀螢奪廚鮖拇世鉾薪召垢襪海箸砲覆蠅泙垢、
 人間の腕の構造上、肘は反対に曲がりませんが、
 強く振った時、その負荷をどこに逃がすのでしょうか?
 自分の振りが左ひじを腕式逆十字にかけることになりますけど 痛くないですか?!


ァ|擦なった右腕を長くする 使い方 だと…
 ダウンスイングで腕も長くなり、クラブも長くなります。hiraki
 そこには二つの大きな弊害があります。 二つは絡んでいますが…。
 長くなれば道のりも長くなり、インパクトの待ち合わせの時間、
 理想的には体の正面でとらえられる時間に間に合いません。
 また、クラブと腕が同時に長くなる しかも その時間帯は加速の時間帯
 に相当しますから 倍、二乗倍で重さは増します。
 その重さは 右打ちの人であると
 飛球線とは反対のやや斜め後方の下、右足前の下へと重さが増します。
 それでも ボールは動きませんから
 その重さ分の補正、体を左上方、その重さと真反対の方向に引きながら
 打つことになりますから まず間違いなく前傾姿勢は消えます。
 その動きは同時に 瞬時に体を開くことにもなるので
 当然 待ち合わせの時間に間に合わないばかりか
 待ち合わせの場所まで失ってしまいますが
 それでも テークバックで
  その右ひじの動かし方(肘の下向き)にこだわりますか?