ヘッドの重さは放っておけ
 とは言いましたが、
その重さは利用してあげなくてイケマセン。
IMG_0013_Moment(2)

クラブの重さを放っておくと
ゴルフクラブはその形状から 右に倒れます。
それではクラブと腕は重くなり からだも開き 時間もかかりますから
振り遅れ →手打 にせざるを得ません。


腕の長さを早い時期に
 フトコロ、前傾姿勢内に収納するにはkatate_Moment
切り返しで クラブの重さのかかっている左腕を
何よりも先に、それだけを重さ通りに動かしてあげる
茱哀螢奪廚魏爾欧襦”要があります。

重さに逆らっていませんから
技術的にはとても簡単です。

左グリップが先に 重さなりに 下がれば
運動による重さの増えも 腕の格納(短さ)によって相殺され、
負担にはなりません。

また 左腕を前傾姿勢の中にしまうコト によって
前傾姿勢も維持されやすくなります。

✋からだの回転で左腕を引っ張るのではなく
 クラブの重さによって 茱哀螢奪廖〆絃縅咾鮴莵圓靴篤阿してあげると
 腕やクラブの重さが 右足から左足に移りますから
 それに伴って 体の向きを解いてあげる
 その順序が からだの回転と同期する 唯一の方法
 と言えるかもしれません。



振り遅れてしまう要因の少なくない部分で
ダウンスイングで 左腕₍クラブも含め₎を 長く 使ってしまう、というのがあります。
テークバックを見ていても
始めから 左腕を長く使おう としている場合もよく見られます。
1212-1
右打ちの多くの人は右腕利きですので
総じて 左腕の方が筋力もなく 弱いのですから
その左腕の筋力、運動性能が問われやすい使い方は
結局、別のモノの負担になりますから 出来れば避けましょう。

そういう意味でも
クラブの重さ が左腕に掛かり
その重さの方向が スイングの方向と一致する
そのチャンスを逃す手はありません。
スイングとクラブの関係では 千載一遇の機会 です。
利用しましょう!!