さて 本題に戻ります、
からだの正面で と言う話の前に
ゴルフスイングにおける 体の回転 というのを
ある程度知っておかなくてはなりません。

ゴルフスイングの 体の回転は
ごくごくシンプル、単純な横移動、
クラブをもったまま 左右にステップして
クラブを横にスライドさせる というモノの延長線上と考えてください。

しかし これでは 遠くまで打つことが出来ない、
運動の速度が上げられないので ステップは踏まず、
足、この場合は靴やスタンスは動かさず 体を回転、向きを変えるのです。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)






からだの回転は本末転倒になってしまうとイケマセンが、
両の手で掴んだ、グリップした ゴルフクラブを動かすコト ですが、
動かすコト ではなく 両の手 持っているところが鍵です



ですので ラジオ体操のように73d28d33
体の中に軸を置いて、ぶらぶらと手を振るような 動きでは
両手で持っているクラブが捩じられてしまいます。
右を向いた時は 左手が長くなり、右手を短くしないと持っていられません。
左を向いた時は 右手が長くなり、左手がを短くしないと持っていられません。
からだの回転とともに
クラブのねじる、ヘッドも回転することが必要になってしまいます。
からだを捩じるスイングでは 腕の長さが向きによって変化してしまいますから、
結果、手を振る、手で振るスイングになってしまう に過ぎないのです。

フォローで 左ひじが抜ける というのは
左ひじが抜けているコトが問題なのではなく
その短さにしないと 両手で持っていられない
からだの回転が ねじりであることが問題なのです。




MVI_0873 (2)(2)_Moment(3)

正しいからだの回転 では
そのクラブの長さなりの前傾姿勢が
ヘッドの入射角度を決定するのですが、
手で振るスイングでは それによって受ける体の姿勢(左右の高さ)
だけでなく、ヘッドのターンの仕方でも
入射角度がまちまち 毎回違うモノになってしまうのでダメです。
これでは方向も距離も安定しません。
腰や肘などへの負担もあります。

MVI_0850TrimTrim(2)_Moment

からだの回転は その腕の長さ を自由にしておける よう
しなくてはなりませんから、体の中に軸・支点₍支柱₎がある動きではなく
背中の外に軸があるような 大回りが必要です。
(それによって 結果、背骨を軸と出来るのです)