ボールが飛ぶ、弾道は
上下方向・左右方向共に
基本、ヘッドの進んできた道
ヘッドがやってきた道 によって決まります。

IMG_0549

ボールに入る左右の回転は
 その道のりに対する フェースの向きの差
ギャップによって決まります。
よほど フェースの向きと進んできた道にギャップが無い限り
影響は受けますが、フェースの向いている向き に飛ぶのではなく
ヘッドの進んできた道に準じてボールは飛びます。
IMG_0607

これは上下のロフトの発想も同じです。
✋ロフトとは 基準を 0度の垂直とすると
10度であっても、20度であっても
そのロフトは進んできた道に対してはギャップです。
それが 縦の回転になり、浮力を生み、
意図的にボールの推進力を回転や角度に変換し、ロフトなりの距離になる訳です。
✊ですので ボールを捕まえる 逃がさない と言う意味では
ロフトの立った ドライバーは一番簡単 と言えるのです。
✊飛ばなくて悩む人の多くが 実はスライスよりも
弾道の高さに悩んでいる というのが大きな特徴でしょう。


そして このフェースの向き というのは
ロフトとヘッドの向き〜含むライ角度 の合成?複合 によるもので
双方がある程度一定でないと 似たような球筋は打てません。
そして 上下・左右のヘッドの侵入してくる道も出来るだけ似ていないと
似たような弾道、方向性には成り得ません。


そういう意味で インパクト…ボールのさばきのトコロを
手で振る というのは 芳しくないのです。

入射してくる上下左右の道のりも その時次第
ロフトもその時次第、hiraki
フェースの向き₍含むライ角度₎もその時次第、
ヘッドの高さなどもその時次第 になり易く
手で打っている限り、手で振っている限り =フェースローテーション
これに ナンの基準点、ベースになるモノが存在しないのです。
 練習によって培う 1/500秒 0.002秒 以下のタイミング でしかなく、
この部分は誰に教えることも、誰から教わることもできません。
観客のくしゃみ一つでダメになってしまうほどです。

若い人や体が頑丈な人は良いかもしれませんが、
ある程度の年齢になると
それを維持するための メインテナンス的な練習はかなり辛くなります。

手で振るスイングは 体を止めて
肩〜腕を振るので その負荷をからだが受け止めなくてはならず
非常に不自然な姿勢、無理な負荷のある維持練習になりますから
肘や手首、腰や首を傷める人がとても多いですね ><

yjimage4NR1MAL3これの何が体の正面で
腰と腹、胸と肩
それぞれが全く違う向きを向いている
この真似をどうすればいいのか。。。
という問題は 正直 本人にしか解決出来ません。
からだのひねり 背中・背骨や腰のひねり は捩じり
になりますから、中高年向け とはとても言えません。



二つの写真共に 明らかに打ち出し角度が高く
この角度ではかなりの煽り軌道が入っていますから
アマチュアの体を考えると お勧めできるものではありません。

 


出来るだけ インパクトは  『からだの正面で』  
勿論、体の回転を無理やり 正面で止めて は論外ですが、
クラブを手で振らず、体の向き通り、体の回転で動かせれば
そのクラブの長さなり、
そのクラブを構えた時の前傾なり、
の上下左右の入射角度、ヘッドの進入角度が決まってきます。
自分の好き好き と言うわけではありません。
個人差は勿論ありますが、ある程度は そのクラブの長さ
そのクラブを構えた時の前傾で決まってきます。

からだの回転なりに、体の回転で! クラブを動かすには
  ✋発想の転換が必要です✋

 では また明日✌