【質問です!】

トップでシヤットを作る
テイクバックでシャットにしてしまう

 

のと

 

ダウンの最初にシャットを作る

 

この2つでは やはりヘッドの軌道に大きな差がででしまう

ということですか

 

言葉では難しいところかもしれないですが。。。



【スポルテ】シャットに上げようとすると
左手でクラブを動かす悪癖も生まれやすくなります。
多少、ヘッドは遅らせて移動させるにしても
スクエアに上げたいものです。

その上で、シャットに「降ろす」メリットを
憶えて貰いたいのです。

スナップショット 2 (2013-11-30 11-58)シャット…具体的に言うと
トップ〜ダウン での過程で
フェース面を地面に向けるように「グリップを動かす」

⇒ここでも誤解のないように説明しますと
シャット と言うフェースの動きを意識するあまり
ヘッドばかり動かすことになるゴルファーがいらっしゃいますが、
人間が動かせるのはグリップです。
グリップを動かした分、ヘッドは勿論動きますが、
ヘッドを動かすことを主眼にしてしまいますと
逆にグリップは動かなくなります。


✪シャット フェースを地面に向けるように「グリップを動かす」こと
によって、左腕が下がる習慣が付くようになります。
100%に近いアマチュアゴルファーは
左腕が下げられません。

左腕が横方向に動くのは
体の向きが変わるからで
意志を持って、左腕を斜め、というか スイングの円弧に沿って
動かすのは、間違いです。

スナップショット 1 (2013-11-30 11-57)厳密に言えば、体の向きが横方向に
腕自身の動きが縦方向(自分に近づくように)に
同時に動いていくから、斜めに動いて見える訳です。

腕を、腕自身で斜めに動かそう とすれば
体は止めていなければならなくなりますから
どうしても、回転 ⇒ 腕の振り と言う順序が生まれてしまいます。


✪左腕が下がる習慣が付くと、左サイドの低い時間が保てます。
同時に、意識しなくとも前傾姿勢が維持できるようになります。

この動きの中で、ヘッドを振るような ヘッドを縦に降ろすような
そんなイメージを持ってしまうと、グリップが自分から離されます。
クラブが長くなって、重くなってしまう訳ですから
必然、体は起きてしまいます。
これでは前傾は失われます。
クラブの円弧が体の右で大きくなってしまい、重くなってしまいますから
左へのシフトも難しくなります。

グリップが動いた分、ヘッドが動く

それを忘れないでください