花道から 薄い登りのグリーン面に
20ヤードのアプローチをするとします。

➀35度ロフト 8番アイアン
➁45度ロフト ピッチングウエッヂ
➂55度ロフト サンドウエッヂ

この3種類のクラブを使うとすると
一番 小さく 遅く 打つことが出来るのは
➀の8番アイアン
 です。



10109_169290996560973_105906599_n545503_169291013227638_259257507_n








そして これは の大きな勘違いですが
ゴルフクラブのロフト角度は
大きくなるほど 打つ自分にはたくさんフェースが見えてきます。
👉自分にフェースが大きく見える ということは
打たれるボールにとっては どんどんフェースが小さくなってくる
というコトです。
だから ロフトの大きなものほど
フェースそのものが大きくなる のです。 
 …知らなかった?!

大きなロフトのクラブほど
同じ距離を打つのに 大きく・速く振らねばならず
しかも ボールにとっての打つ面は小さくなります。
難易度は何重にも上がっていく というコトです。

 ですので アプローチの向上 とは別に
 その置かれた環境、シチュエーションにもよりますが
 まずは ロフトの立ったもの 👉パター
 👉8番アイアン 👉ピッチング から選ぶべきです

 ロフトの大きなものを選ぶ というのは
 その打つ環境が ほかの選択肢が選ばせない場合のみ
 と考えるべきで
 名称は アプローチウエッヂ と呼ばれていますが
 アプローチ = アプローチウエッヂ という考えは
 アプローチをうまくイカセマセンヨ。

スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)







肩を使って ヘッドに上下の弧を描かせてしまう ということは
例えば 55度の製品ロフトのウエッヂを持っていても
   ..........非常に大雑把な表現ですが…
➀55度相当で打つ
➁65度相当で打つ
➂75度相当で打つ

可能性が高くなり、しかも この➀➁➂、本当はその間もありますが
ほんの微妙なコトで どれにでもなってしまうのが
こすり打ち です。

また ロフトが大きくなる ということは
ヘッドの歯、リーディングエッジが前に出ます。
 →→→トップ

肩で弧を作るので 想定の最下点は右、手前にズレやすくなります。
 →→→ダフリ

それに加えて 大きなロフトで打つことになるので
大きく、かつ速く振るのですから
ミスするための振り方 とも言えるのです。 

正直 10mm〜1cm のズレによって トップにもダフリにも
なってしまうのです。

そして 上手くいったとき 必ずショートというおまけまで付いてくる のですから
これを教えるレッスンプロは……
アプローチが上手くなって レッスンに来なくなることを予防するために
これを教えているのか…と勘繰りたくなります。
 流行りの〇〇〇○〇もこの教え方ですね…



あまり 知られていませんが
日本のプロが欧米に行くと
一番困る、一番悩むのは
実は「距離」ではなく アプローチなのです。

欧米のゴルフ場はフェアウェイであっても
日本のような管理はされておらず
うす〜い絨毯のようなコケかと思うような芝か
逆に日本だと「ラフ?!」というコースが少なくありません。
090804_01

すくい打ちを常套としているプロも
沈みやすい芝の上で どこにヘッドを入れていいのか
沈んでいるので ヘッドを入れる場所がないのです。

勿論 プロですからなんとかはしますが、
欧米の芝で コンスタントに活躍できる「すくい打ち・こすり打ち」をするには
兎も角 数を打つしかありません。
それで 腰を痛めて 日本に帰ってくる・・・ というのが
とても多いパターンなのです。

また 距離が飛ばないのは 空中のボールを打つドライバーでなく
芝から打つショットが こすり打ち ダフリうち になるので
飛ばず、スピンが入らず というコトが本当のトコロ…なのです。