当たり前…かも知れませんが、
テークバックは ダウンスイング、そしてインパクトの為の前準備です。

ダウンスイングで 上から打てるため
インサイドから打てるため
クラブヘッドの重さがより使えるため
その準備をしておく方が楽に打てるようになります




▲董璽バックにはビジネスゾーンとデッドゾーンがあります。
MVI_0878(2)_Moment

まあ 左腕でクラブを上げるな と似た話になりますが
アドレス時に両腕とクラブで作る ワイングラス のような関係
この関係は 体・胴体・骨盤の回転で移動していれば
このワイングラスそのものが上がったり、高くなったり しますが
よじれることはありません。
からだが右を向いていくと この ワイングラスも向きを変えていきます。

ワイングラス・・・この写真上ですと 向かって左
 (右打ちのこの本人ですと右側ですね)
D-Zone と書かれた領域に クラブを入れてはいけません。

デッドゾーンにクラブを入れてしまうと
上げても上げても クラブが上がっていかず
動作は多いのに クラブが動くだけで 上がりません。

とどのつまり、 最後にヒョイッと上げることになったりします。

たくさん動かした時点で
もう 体の回転の時間進行から外れることになります。

D-Zone ではなく  自分でスイングする際
ワイングラスの左側にクラブを残しておいた方が
上げるつもりがなくても早めにクラブは起きます(立ち上がります)

視覚映像として クラブは右に送り込むイメージがあると思いますが、
それは体が向きを変えるからです。
この時点で 振り遅れを作っては 後から取り戻すのは不可能。
出来るだけクラブを早めに立ち上げ
かつ、出来るだけ少ない動作で行わないと
体の回転に対し遅れます。

今のスイングの主流は D-Zoneにクラブを入れ
それを無理やり出してくる方法で
人間が主 のゴルフスイングなのに
スイングプレーンが主になって 打ち手が犠牲になっています。
こんな姿勢で打つのは勘弁してほしいです。