テークバックでの注意点の前に
漠然としているけれど イメージとして
スイングをミスしない考えを記します。

スイングは 体の回転という時間進行で進みます。
     右向き    〜右向きに戻り 〜正面を経て〜ず幻き
これが テークバック〜▲瀬Ε鵐好ぅ鵐亜銑インパクト 〜ぅ侫ロー
に相当します。

IMG_0049 (3)_Momentその体の回転に対し
 腕の動作量・運動量・移動量(道のり)が多すぎれば
体の回転から腕は遅れ
 結果として ボールは腕で打たざるを得なくなります。

また 腕も左右有りますから
 その左右の運動量に大きな差があると
やはり 体の回転の時間進行からは遅れます。

そもそも論…ですが 左右の腕の運動量・移動量に
差があるというコトは からだではなく手で動かしている証でもあります。

体の回転通りに、体の回転に同期してクラブが動かせれば
スイングには規則性が生まれますので
ラウンド中などでも簡易に修正することが可能です。
また ゴルフクラブは「当たり前」なのですが、
体の回転で使ったとき その機能を発揮します。
ですので 体力が落ちてきたときや苦しい時、
クラブに助けてもらうことが可能になります。





 テークバックの時点で
4190-1-2
骨盤・体・胴体をボールに向けたまま
腕でクラブを横に動かした時点で            
まさにこれ→
 振り遅れは確定、
右を向いていませんから
 インサイドから入れてくることも
 上から入れてくることも不可能になります。


右向き不足はテークバックにとっては論外
手だけで上げるのであれば
 それは自分だけのモノ、
自分だけで研究し、自分だけで研鑽するしか道はありません。
タイミングやその方法などは 誰に聞いても
トッププロに聞いたとしても参考にはならないでしょう。
また 手で振るのであれば
それが例え 紙のような重さのヘッドであっても
その重さは弊害にしかなりません。
クラブの助けを借りることはあきらめ
自分の動きのスピードで距離を稼ぎ
関節をすり減らすほどの練習量と頻度で
 方向性を極めるしかないのです。




スイング動作で
大幅に自分の意志を反映できるのは
テークバックだけです。
  ここは頑張りましょう。


➀まずは 右半身・右上半身をもっともっと動かしましょう。

✊✊意識としては右ひじが良いかもしれません✊✊


IMG_2813Trim(2)_Moment(4)多くの人は左半身ばかり
左肩を入れろ みたいなことばかり気にしていますが、
当たり前ですが、体は左右あります。
左半身ばかり動かしては
背骨ではなく、右半身が回転軸になってしまいます。

意識としては 両方の肘の移動量 を気にしましょう。

右ひじを虍梢箸鯱動させて背後に引く感じIMG_0013_Moment(2)
右ひじの高さを出しながら 引くことが前傾維持につながります。

左腕はそこに残したまま
右ひじと左足の連携も良いでしょう。
右半身に引かれ、左半身が動くから 左腕は動くのです。

左腕が単独で動く癖は
 ゴルフスイングの諸悪の根源とも言える動作

✋ココが改善できないと先には進めないかもしれません。