スイングがコースで出来ない、馴染まない、
今回は特に腕の使い方、肘の使い方の話ですが、
大きな理由の一つに
型と言うと格好がいいですが、
その格好の方ばかりを気にしている点があります。

トップの位置やテークアウェイやダウンスイングの途中など
恰好、その形ばかりにとらわれ
「腕や肘に機能を持たせていない」点があります。

左腕であっても、右腕であっても
それによって どうクラブを、どうからだを動かすのか、
事前に
 その「かたち」になっていると
次の行程で それはどんな役割を果たすのか

ある程度明確になっていないで
形を追いかけてしまうと 精神的に圧の高くなるコースでは
実行することは不可能でしょう。

710dcc57


まあ なんとなく なのですが、
生真面目な日本人ゴルファーは
『スイングは体で!』と言う呪縛にとらわれ
腕を積極的に使うことを忌避しているように感じます。
でも 結局、最後のところ、インパクトで
意識はしてなくても 腕だけで、手だけでクラブを振るのですから
始めから、もっと積極的に腕を使い
腕を使うことによって体の回転と同期するように
考えを切り替えた方が良いと思いますねー。

正直 スイングの全貌が理解出来てくるまで
理解出来始めるまで
動画や画像を見ても 良いスイング、お手本にすべきスイング
と言うのを判別できないモノです。
 トーナメントプロやレッスンプロも少なくないですね…。
また スイングの全貌は からだ だけでなく
クラブの形や重さも半分ある訳で
それを交えた 人間の動作を考えないとイケマセン。
人間の動作やクラブの重さに
クラブの重さ、それを作る位置やクラブ姿勢が
人間の動作の相互作用します。
「不可抗力」とも言いますが、不可抗力は
考え方によっては うまく打たせてくれない邪魔なチカラ にもなれば
無意識にうまく打たせてくれる助力にもなり得ます。
そう考えた方が楽じゃないですか?!
クラブと戦っても絶対に勝てませんよ。

クラブを持つのは腕、
クラブとつながっているのは腕、
そして 腕とクラブには共通して 長さ というものがあります。
長さは 重さを消すことも出来ますし、簡単に重さを増やすことも可能。
その重さは その方向によっては邪魔にも 味方にもなる。
そこは からだではどうにもできないトコロかも…ですよ。

460TL-3


トカク、体の動き、動作、型 ばかり追いかけやすくなってしまいますが、
スイングは パズルに近いほど頭のゲームで
ジグソーパズルは からだ…運動性能や筋力では解決しきれませんよー。

腕に正しい役割をさせてあげると
ゴルフクラブも体もそんなに好き勝手に動かせるほど
自由度のある構造はしていませんから
結果として 似たような動きに落ち着く ということです。