体を支え その軸となる背骨
人間の内臓など 重みの部分は
それよりも前にある訳です。
  太めの私はかなり前に重さありますね・・・

osteologia


そして 上半身という重さの中心を支える脚
それの付け根は 背骨よりも各各左右に離れている
その構造が 体を回す動作の基準になります。

軸とか、支柱とか と考えると「全く微動だにしない」 
そう言ったイメージを持ちやすいけれど
実際のスイングでは その軸になる背骨も動いているから
軸は自分の体の中にある というよりも
背中の外にある柱、傾いた柱 と考えた方が
スイングはしやすい と思います。

からだをまわす というのを骨盤で!
骨盤から上の胴体を回す というのは
この骨の構造を見ると分かりやすいと思いますが、
脚は背骨の延長線上 とはずれた位置にあります。
股関節から上の胴体を回す に対し
土台になる 大たい骨から下があるのですね。

そして 見ての通り
股関節から上に 体を回す 機能は存在しません。
多くの人が行っている 体をまわす行為に似たモノ
は 体をねじっている・・・と言うよりも よじっている ので
横の動きではなく ねじれなので
水平に体が回るというよりも
どちらかの側帯が縮む という 縦の動きが多く混じります。

漠然とした表現ですが、
体をよじっている回り方は
大きな体 であるはずの欧米の選手が
トップでは小さな人になっているように思えます。
骨盤を回さず、腰から上を右に向けるのには
からだを縮めるように動かさないといけないでしょう。
それを整えるのに 無意識ですが、意図的に前傾を解いて
からだを起こしているケースも少なくありません。

からだをまわす という大原則を正しく しない限り
 動作としてのスイングを覚えてもあまり意味は無いのです。
それによって 空間や位置が全く違うのですから。

12_2_0
人間の動き・・・には見えないです…。