スマホや携帯などで手軽に動画が撮れるように
なったのですから
自分で出来る簡単なチェックポイントを・・・。



スマホなどでは動画に線の引けるモノ
 そんなアプリもあるかもなので
線を引く、もしくはシールを張るとか、鉛筆を置く
などで確認してみてください。

IMG_0013_Moment➀ディッシュアングル
ゴルフクラブと腕の関係には
ゴルフ用語でいう ディッシュアングル と言う角度があります。
その角度は 個人差はありますが、だいたい140〜150度位です。
アドレス時は前傾して構えているので錯覚しがちですが
実際には そのディッシュアングル と言う角度があるので
前傾を解き、直立して構え58337554-s
更に腕が地面と平行まで上げていくと
グリップよりもヘッドの方が高くなります。



この ディッシュアングル というものが存在する
という前提の元、(絶対条件…?) ゴルフクラブは設計され
ライ角度 というモノが存在します。
97b3a9ad

インパクト時に その角度、アドレス時のその角度のまま
とまではいかないですが、それに近い角度で
インパクトすることで アドレス時の方向、向き、スタンス というのが活きてきます。
厳密な角度はあまり気にする必要はありませんが
インパクト時に腕とシャフトが一直線 ということになると
ライ角度方向に 30度近くも落ちた フラットな状態になってしまい
それはロフト角度とのかかわりもありますが、
実際に自分のクラブで ライ角度を30度フラットにして
フェースがどの位 右を向くか と言うのを確認してみて下さい。

ロフト角度にもよりますが、
ヘッドそのものを10度右に向けるのと大きな差はありません。
IMG_0480IMG_0479









ボールをどこに飛ばしたいのか、飛ぶのか、
は そのヘッドそのものの向きとともに
ライ角度〜ディッシュアングル というのも大きく影響を及ぼします。

少なくとも 現在のゴルフクラブの機能や用途から考えると
このライ角度 というのは無くすことは出来ませんし、
概ね 60度前後のライ角度 というのも 
近い将来には大きな変化はないでしょう。

となると アドレス時に形成する
腕とクラブの角度 ディッシュアングル というのも
なくなりそうもありません。
インパクト時も出来るだけ維持したいモノです。


と前置きが長くなりましたが 
ディッシュアングルがあるので
からだを右に向けた時、
傾きに沿って グリップも高くなりますが
クラブを上げなかったとしても(コッキング方向)
始めのディッシュアングル通り
ヘッドの通るラインは その分 薄〜くですが
そのグリップの移動ラインよりも高くなります。
スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)

アプローチなどで ヘッドを特に上げていない
コッキングをしていない状況であっても、です。
(テークバックでコッキングを推奨しているのではありません)

クラブは 持つ場所であるグリップとヘッドの高低差IMG_0013_Moment(2)
というのがとても重要で
ただ 単にクラブを高くするよりも
 重さのあるヘッド部をよより高くした方が
その位置エネルギーを使い易く、強くすることが可能です。

その高低差、グリップとヘッドの高低差を大きく取らなくても
少なくとも ディッシュアングルがありますから
テークバック時にグリップの移動するライン の
下側をヘッドが通ることは 本来あり得ない…筈 なのですが
果たして 皆さんはどうでしょう???


度合いは人それぞれですが
少なくとも アドレス通り(ディッシュアング通り)〜もしくは、それ以上 は
ヘッドの方が高く通るのが クラブの正しい使い方 です。