からだの回転 でボールが打てるnojk_Moment
からだの回転 に同期してボールが打てる
ようになると 概ねではあっても
からだとボールが対峙した、
概ね 体の正面、ボールと正対した時期
インパクトが迎えられるようになります。

ここで間違ってはいけないのは
ボールと正対した状態で体を止めて
インパクトを迎えるコト という姿勢の問題ではなく、
体の向きが 正面〜右向き〜正面〜左向き
と移り変わっていく、向きが変わっていく
『正面の時間』にインパクトがある と言う時期の問題です

dohirakiそれはなぜか というと
無理に体を止め、正面を意識すると
このように 肩は残ってるけど、腰は開く など
どこが どこを向いているのか という基準値が
非常にあやふやになってしまいます。

体の正面でとらえることの重要性は
両手の長さが揃うコト
つまり 安定したインパクトロフトが創れること、
繰り返せるインパクト姿勢が創れることで
からだを止めてインパクトを作った場合
腕の長さ調整が必要になってしまうので
元々の意味を失ってしまいます。

最低限 インパクトまでに右腕が伸びているコト
それが即ち体の姿勢にもつながります。
ボールを飛ばす のには右腕の伸び
右腕の伸ばせる空間、即ち 右サイドの高さは必須です。

右腕はインパクトで伸ばすのではなく
インパクトよりも前で伸ばすのです。

インパクト で 右腕を伸ばしてはいけません
インパクト 前に 伸ばし切るのです。


ただし グリップは両手で持っていますので
その右腕の伸ばし に対し、前に位置する左グリップ・上腕が
止まっていると 伸ばしているつもりでも
単に右サイドが潜ることになるので注意が必要です。