グリップ…クラブの握る場所(ゴム質)でなく
人間の握りの方の話です。

IMG_0772

シャフトはしなると ヘッドではなく グリップを押します。
グリップが移動すれば、当たり前ですがクラブ全体も移動します。

インパクトで 強い球を打つのには
それは速く動ける方が良いですが、
それには身体能力としての限界もありますし、
長丁場のゴルフで瞬発性能だよりでは無理があります。
インパクトで 強い球を打つのには
打ち手の運動性やクラブの持っている飛ばす力を
出来るだけ無駄なく 飛距離にするには
そのクラブの 正しい、望ましいロフトで打つ のが肝心です。
スナップショット 1 (2018-01-31 14-09)

どんなに速く振れたとしても
ロフトを寝かしてしまえば ボールは上がるか、回転が増えるだけ…
ボールの飛んだ 道のりを競うのであれば それでもいいですが、
距離はシンプルに水平移動の量です。

望ましいヘッド姿勢、ロフト姿勢で打つのには
打ち手の姿勢も 出来るだけ 左サイドが開かず、低い
右を向いている時間にボールにアプローチしたいですし、
インパクトは両腕の長さの都合がついている
正面に近い所でボールを捕えたいです。
👉体が開けば 左足上がりの様な体の姿勢になりますし、
 開いた分 右サイドそのものがボールに近づき
 右腕が伸ばしにくくなりますから、開いたロフト
 左足上がりの飛びにくい条件が増えます。

体の正面、望ましい姿勢 には時間的な期限があります。
いつまでも その姿勢が続くわけではありませんし、
体を傷めるコトを覚悟でその姿勢で止める なんてのは
本末転倒も良い所です。
 ✋若者に任せましょう
からだにもとても危ないので 無意味なそのことに
トライするのは辞めましょう。

体の正面、望ましい姿勢 はある意味一瞬で通り過ぎます。
ですので 出来ればそこに間に合うようにするため
寄り道や無駄な道のり、無駄な動作は避けたいのです。

MVI_0854_Moment


ゴルフクラブは主に左手で握っています。
ですので 概ねグローブは左手だけ します。
そして シャフトはグリップを押す、
つまり 茱哀螢奪廚魏,垢里
押された場合、それをホールド、受け止める のではなく
それを利用して 茱哀螢奪廚鬚匹鵑匹麁┐す ように
しておく必要があります。

切り返しからフィニッシュに至る
打撃時の推進方向に対し 茱哀螢奪廚
全体進行の先頭に位置する存在です。
シャフトがしなり そしてそれの復元によってグリップを押す
という助力は その先頭をどんどん遅れさせず
逆に先導としての役割の補助に成り得ます。
IMG_0819

シャフトの仕事によって 押される茱哀螢奪廚
受け止めてはいけません。
どんどん逃がしてあげれば
その移動が回転の力にもなります。

トップでのクラブ姿勢にもよりますが、
ある程度 良い方向に茱哀螢奪廚押されれば
左サイドが低い時間も維持、確保しやすく
上から打てる、ロフトを締められる、開きにくくなる可能性も上がりますし、
左サイドが低い時間を自然に保てれば
体全体の体重も自然に左に移り易くなるので
それも一層の ダウンスイングの時間 を確保につながります。

そう考えると クラブががぶっと受け止められる
左グリップ(握りの方)にしてしまうのは もったいないでしょう。
クラブをすっ飛ばすわけには行きませんが、
クラブの重さを止めてしまい、支点とするような握り方や使い方 をするより
クラブの重さやシャフトのしなりを 茱哀螢奪廚琉榮亜逃がしにしてしまう方が
手遅れになりにくいです。

からだの回転でクラブを引っ張るのではなく
左グリップの押され、下がり、によって からだが回る と考える方が
色々なつながりは良いと思いますよ。