プロも含め、誰も彼ものアプローチなどを見ていても
とても気になるところ があります。
これはスイングというか、ゴルフクラブを扱う際の約束事に等しく、
この約束事を守れないと
罰とまで言いませんが、要らないはずの動作が急増
多種多様の動作で補正しなくてはならなくなります。




それはなにか? というと
スイングは最終的には体が回って円弧を描きます。
円弧を描くから その外周にあたるヘッドの軌道が
グリップの軌道よりも長く、大きくなります。
それはあくまでも 体が回るから
 であって

,修梁痢骨盤から上の胴体と肩と間違えていれば 論外ですし

⊆蠅気个でヘッドの道のりの方が多く、長く、なっては
 体の仕事を取ってしまうばかりか
 その作用によって 体の姿勢は崩れます。 

👉つまり 腕によって縦であっても、横であっても
 円弧は描かない というコト! 


約束事:腕で円弧を作ってはダメ!


☆アプローチで気になるのは564dfb4d
 ヘッドでなく グリップが円弧を描いて移動しているコトです。
 もちろん その移動が体、骨盤の回転を伴ってであれば
 問題はないのですが、
 俗に言う 肩の揺さぶり(それは腕のさばきの一部です)である場合
 その揺さぶりは左右のねじりではなく、上下のギッタンバッコンですから
 回転(厳密にはひねりですが)に不必要な上下動が加わりますから
 ミスだけでなく、距離の安定・均一への影響も非常に大きくなります。
 この絵であれば、体が回転、骨盤の向きの変更であれば  →→→
 問題がないですが、肩の揺さぶりで グリップが円弧を描いていれば
 ダフリ・トップは必然、ちゃんと当たる方が奇跡的な確率と言えます






腕とクラブとの関係は
体の回転 の補助が目的ですが、
なにがしかの形(刷毛塗)で動かした場合も
グリップの移動の量だけ
グリップの移動の方向
グリップの移動の速度

も ヘッドの重さ、運動や長さの変化に応じた ヘッドの重さ分
グリップよりもヘッドの移動は少なくなります。

ましてや 円弧は
それが縦であっても、横であっても
体の回転の仕事で
体の回転無しの 腕のドリルの状態であれば
グリップの移動分 ヘッドは立体的にも直線でしか移動しません。
どの方向にも弧を描いたりしないのです
MVI_0873 (2)(2)_MomentMVI_0873 (2)(2)_Moment(5)











腕の役割は クラブの構造を使って
クラブやクラブヘッドの重さ、
縦方向に掛かるその重さを横方向、回転方向に変換し、
運動や長さの変化で重くなるクラブの重さ〜留まろうとする力で
グリップが体の回転より遅れそうになるのを避け
グリップが体の回転に追随、同期していくためのモノです。

腕でヘッドをグリップよりもたくさん動かそう
腕でクラブヘッドに円弧を描かせてしまうと
体の仕事を取ってしまうばかりか、体の姿勢も崩れてしまうので
より複雑に、より高速に 手打ちしなくてはならなくなります。



スナップショット 1 (2018-05-19 20-35)👈真似てはいけない 素振りもダメ
このように素振りしたり
振ったりすれば
縦横の体の役割を取ってしまうばかりか
前傾姿勢なども含め
すべてのアドレスに存在するはずの角度
姿勢を崩してしまうので
クラブの機能や人間の自然なメカニズムを
無視し、自分の技〜曲芸で
ボールを打ち、飛ばさなくてはなりません。