テークアウェイをするのに
一番良くないのは
ヘッドを下げてしまうことです。

IMG_0348


ゴルフスイングはアドレス時
前傾姿勢があるので、やや下向き加減です。
そのため、感覚的には ヘッドの方がグリップよりも下にあり
次に薀哀螢奪廖↓茱哀螢奪廚僚腓帽發気あるように感じますが、
それは前傾姿勢のせいであって
実際には 高さの相対関係は ヘッドが一番上にあるのです。
0f3a1b5e

前傾姿勢があるので
ただ 体の向きを変えても
その前傾姿勢の傾斜なりに
グリップもヘッドも高さを変えます。

ですので ヘッドをあげない・・・にしても
この三角形のゾーンはデッドゾーン
絶対にヘッドの立ち入らない領域なのです。



       

手厳しく言うと 
「スイングを良くしたい」
ゴルファーの合言葉、挨拶でもあります。
言葉だけでなく、スイングをちゃんと、まじめに治したい方は
.董璽バックの主導は右サイド
▲哀螢奪廚琉榮阿蓮,劼犬ら先の手先でなく→上腕を動かす
テークアウェイで右ひじややや外目・上目に張る

✋この動きでも守ってください。
それだけ 守るだけでも スイングは変わります。




ココでの注意点は
〆玄蠅妊哀螢奪廚魄榮阿気擦覆ぅ灰 です。

そして
▲哀螢奪廚硫0榮阿和里慮きで!

グリップ自体の上げ、上への移動が少ないのであれば
9盤・秀二とグリップの関係は固定 に近い関係
2010111116444243889
テークアウェイではどの道 ひじは曲がります。
ひじが曲がるというコトは腕が短くなるというコト です。
にもかかわらず からだから、骨盤からグリップが離れるのは
 手でクラブを動かしている、体で動かしていない証拠
上げてなければ 秀二とグリップエンドの距離は変わりません。



右上腕があがり、ひじが外目に曲がっていく
右腕が短くなっていくのが 主エンジンになることが望ましいですね。

その時に 両方のグリップの関係を見てください。
左グリップの方が多く動いている状況 であれば
かならず グリップエンドは自分から離れています。
そして 左グリップの方がたくさん動いていれば
体もそれに準じて動くので、左サイドがボールの方、前に出て
この時点で前傾姿勢や体の回転の仕組みが崩れます。

20170920_matsuyama-650x435
右を向けば 右サイドの方が相対関係として高くなるのが自然ですから
右ひじ、右グリップ、右腰 と左のそれを比較してみてください。

まぁ 体の回転させるのでなく 雑巾のように体を捻っているので
根本的にダメダメですが、右を向いているのに 左肩が高いという
摩訶不思議な姿勢です。