テークバックを肩周りだけで動かしている方、
フェースターンが必須の方、には
全く無意味な記事ですので 読み飛ばしてください。


スイングでの大きな誤解に
「フォローは大きく」
「フォローは両腕を伸ばして」
というのがありますが
其れを実践すると百害あって一利ありません。
体を傷める可能性も高くなります。

パンチショットという意味ではありませんが、
スイングの主な動作は インパクト以前に終わっています。
特に腕さばきは打つ前に終わっている
と言ってよいでしょう。

打つ前に両腕がおおむね伸びるような・・・
✋それを意識するのにはインパクト時には
 左ひじは曲がり始めている 位で無いとダメです。
そんな両腕の長さのつり合い があることが
ボールと正対して打つ ということです。
✋体の回転を止めて という意味ではないですよ。
oto_Momentoto_Moment(2)









フォローは 体が左回転の時期に入り
前傾姿勢のお陰で高くなっていくから
傍から、そう見えるに過ぎません。
oto_Moment(4)oto_Moment(3)








体は減速時期に入りますが、
クラブやヘッドにはまだ打撃方向への慣性が残っているので
体の動作方向との差異 体の回転から分離するような方向
なので フォローは大きく 両腕が伸びるように見えるに過ぎません。

結果的にフォローが出てしまうのは良いですが、
意識してフォローを出そう
腕を伸ばそう とすると
その余計な動き分 体は引きます。
2276add6

特に傾斜地やフェアウェイウッドなどにはよくありません。
フォローを出せば出すほど
体は後ろに引いていきますから
最下点は手前、ヘッドの上りが急激になります。
おきをつけあそばせ