気づいていませんでしたが、
弊社のYOUTUBEが限定公開になっていたようで
見れないとの連絡を頂き、修正いたしました。



全部で600を超えるスイング動画(趣味のモノも多少)があります。
過去の古いモノにも参考になるモノもあると思いますので
もう見れますので 閲覧くださいませ







ゴルフのスイングにはどの道 からだ の回転は必須です。
今更と言えば今更ですが、その体の回転の
『からだ』
というのがどこなのか 間違っているコトが
スイング迷宮に入ることになり
クラブの機能を活かせず、体を傷める原因と言えます。

ごくごく当たり前ですが、
ゴルフとは別に 体の向きを変える というのは
普段では足の踏みかえで行うものです。
BlogPaintBlogPaintMVI_0750Trim_Moment(6)












しかし ゴルフでは傾斜地があったり、地面が緩かったり、
出来るだけ似たような弾道〜距離を打つためにも
この足の踏みかえを「からだの回転」で代替えします。

この代替えの行為が出来る部位は
股関節でしかなく、股関節であれば
背中やお腹、脚やお尻などの大きな筋肉で
行うことが出来るので 一度覚えてしまえば安定して
繰り返せる可能性が高くなります。


多くの人が考えている 大間違いの体の回転
肩をまわす は
ごくごく当たり前ですが、
腰・・・骨盤ですね、これが向きを変えるから
上に乗っかっている胴体、
 その一部である肩が回って見えるに過ぎません。
  ・・・当たり前すぎて あくびが出ます。
肩が単独で回っているのではありません。

そして その間違えている肩は
imageCAX9G566肩甲骨も含め、体ではなく 腕です。
多くの人が行っている 体の回転は
体をひねっているに過ぎず
体の向きは変わっていません。
✋腰を止めておけばいいじゃん
 と言いますが そんなことできると思います?

dohirakihirakiyjimage4NR1MAL3












スイングの円弧という 完全に、ではないですが
対称性の強いものを 右は向かないのに
左は向くという行為 おかしくないですか?

まあ 手で打ちたい人を止めるつもりはありません。
お好きにどうぞ です。

20170920_matsuyama-650x435



そして 地面にある低いボールを打つため
その体には前傾姿勢があります。
その部位も 股関節です。
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット

 ✋前傾姿勢は 体の前の骨盤と大たい骨の前傾角度差ですが
  厳密には軸足大たい骨との角度差です。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

前傾姿勢は存在しますが、動作としては
このようにしている訳で
ごくごく当たり前ですが、この状態で 体の向きを変えると
まん丸ではないですが 円弧になります。

そして 前傾姿勢があるから その円弧は傾いた
土星の環のようになります。


ここまでは理解できますか?

体の回転と同期して クラブを移動させる方法については
まだ 内緒なので・・・ そこは割愛しますが
クラブがずれないように 体の向き、胴体〜骨盤の向きを変えれば
円弧が描かれます。     わかりますよね

それに 肩や腕の動きで さらなる円弧
さらなる膨らみを作ってはイケマセン。

それは上下左右ともに、 です。

ダウンスイング中 下に振ろうとすれば
既に体の回転で円弧があるのですから
円弧の軸はズレ、最下点は手前になり
早めにヘッドは上がろうとします。
katate_Moment

左右であれば ヘッドをボールの方に出せば出すほど
円弧は内に切れ込みますから
誤解を生みやすい、適切な表現ではありませんが
アウトサイドインは強くなります。

まあ 大体両方はセットで行われるので
やればやるほど しゃくり打ち〜煽り打ち アウトサイドイン
になるというコトです。

それを改善する方法は唯一
体の回転で直にクラブw、グリップを移動させるコト。
体の回転に同期するようグリップを移動させるコト、です。

体の回転、胴体の回転に
腕やクラブの重さ、運動の重さも加わった腕やクラブが
遅れない工夫をする必要もあります。


 テークアウェイの時点で
骨盤、胴体を右に向けていなければ
お話にはなりませんがね・・・。