上げない、下げないドリルの目的は
ゴルフクラブのシンプルな機能を活用し
人間のごく自然な動きで 無理せずボールを飛ばすコト
にあります。

それを実行できるかどうかは
技術的な部分よりも
錯覚している クラブの扱い方や体の動き を
正しく是正する、 頭の体操的な部分がほとんどです。

image03b


―鼎気脇阿たがらないエネルギー

これはスイングの誤解の第一歩でもあります。
ヘッドを全く動かさない という意味ではなく
打ち手がもっているグリップを動かした分、
当然 ヘッドも動きます。
しかし、ヘッドにはボールの質量、打撃の加重に負けないために
特別な重さが備わっています。

その重さは 基本、動きたがらないエネルギー です。

先端に重さの備わっていない 未完成のクラブを振るのと
300gのヘッドが備わったモノを振るのでは

✋同じように動作したら 双方は同じに移動しません
✋同じように移動したら 同じ動作ではありません

という当たり前のことが無視されています。 

モノを動かすだけでも 作用反作用が生まれるのに
特別に備わった重さの部分を不自然に動かせば
打ち手には無理な負荷がかかります。

その重さは 1秒以下の短時間に 十数キロ〜数十キロかかるので
主たる目的である 打つ ボールを飛ばす 行為以外に
その重さに耐える や
その重さがかかった分を補正する など
ボールを打つために動かした
その行為の方に、より労力を割かねばならなくなります。
ミイラ取りがミイラになってしまいます。

4232-30-1


そのためにも繰り返しになりますが
▲悒奪匹脇阿さない

当然 打つためにはヘッドを移動させねばなりませんが、
それは 打ち手がもっているグリップを動かした分のみ。
ヘッドには特別な重さがかかっていますから
その分は割り引いて考える方が良いでしょう。

ヘッドの方が多く動くのは
スイングの動作が 体を回すという 円運動 という
結果論に過ぎません。

グリップを動かした分、ヘッドが動く
というのが一番自然な体とクラブの関係です。

ee6bd45f


F虻遒箸靴峠侏茲襪世噂鎚向の動きを省略する

✋地面にあるボールを打つ
✋出来るだけ少ない労力で遠くに飛ばす
✋繰り返し易い
✋クラブのロフトの違いを利用し距離を打ち分ける

スイングとクラブのメカニズム から推察していくと
スイングの役割の基本は
クラブを横運動〜水平運動です。

しかし、地面にあるボールを
人間が横ステップで打つのには
安定度が低く、飛ばす距離の限界も低い
ゆえに その場に立ち
回転運動とに前傾姿勢を取り入れ
 斜めの動作にすることによって
動作速度を増やし、かつ 低い所にあるボール打つ
そして ヘッドの質量の位置エネルギーを利用できる形で
 横運動の亜種 になったと考えられます。

よって 体の回転という
斜めのクラブ移動そのものが 横運動と縦の融合体なので
打ち手そのものの クラブの縦移動は最小限でよいと思います。

スイングを分解していくと
多くのスイングにおいての ヘッドの縦 上下移動は
✋回転+前傾姿勢
✋グリップの上下移動
で必要十分条件を楽々満たしています。

グリップの移動以上にヘッドを動かせば
その作用によって生まれる不可抗力に労力を割かれるので
増えるのは負担と複雑な補正運動です。
労力と手間が増えるだけで 充実感を満たすだけ。

縦にヘッドを動かして 50ヤードも増えるのなら
一考の価値はありますが、
正直、それによって距離が増えるか・・・どうかは微妙です。

微妙程度の差であるのなら
繰り返せる
安定度
飛距離
労力
覚えやすい
からだへの負担
距離の打ち分け
ドライバーからパターまでの共通性
などを考えると 要らない・・・  ・・・なら 省いてしまいましょう
 というのがそもそもの考えです。