飛ばしたい
誰もがそう思う…願いますし、
ショットにとっては 飛距離抜きに
考えることは出来ません。

ただ 現実として 私たち オジサンゴルファー が
筋トレをしたから と言ってヘッドスピードはそう伸びませんし、
おそらく ほとんど変わらないでしょう。

✋クラブの扱い方を変えれば、体力/筋力に関係なく
 飛躍的に伸びる余地のある人はものすごく大勢います。


体力や筋力がついた としても
いままで ハーフしかもたなかったのが
15番ホールまで ヘッドスピード低下がもつ
程度なんだと思います。

IMG_2813Trim(2)_Moment


飛ばない と言っている人の多くは
 ヘッドスピード信仰が非常に強い特徴があります。

 飛ばす >>> ヘッドスピードを上げる

 そして そのヘッドスピード信仰が皮肉にも
 ヘッドスピードを抑制・抑圧する結果になっています。

 ヘッドスピードが上がれば 飛距離は増す というのは嘘!
 ではないところが その問題を複雑にしていますが、
 ヘッドスピード ➽ 遠心力 ➽打撃力アップ
 と考えている限り、
 ヘッドスピードを増すと 増えるのは飛距離ではなく、
 必要な握力と無駄な動作/労力です。
  ・・・ボールには回転が多少増える程度でしょう。

 ゴルフクラブの構造をもう一度考え
 ヘッドスピードを増やす方法をガラッと変えないといけないでしょう。

rad-04-driver


.悒奪疋好圈璽鼻,鬚△欧襪砲魯悒奪匹鯑阿せばいいのか?

 端的には ヘッドスピードは何の速度が上がると
 「負担なく」 ヘッドスピードがあがるのか???
  です。

 多くの人が信じている「ヘッド」スピードが   ・・・ヘッド単体という意味
 増えるのは前述の通り 遠心力だけで
 握力にも負担が増しますし、その増えた遠心力による作用反作用によって
 繰り返し 出来るだけ正確に望み通りインパクトするには
 大変複雑、かつ高速な動作が必要になっていきます。
  ・・・それも倍ではなく、二乗倍のような状態で
 ですので 握力、特に左手の握力の低下と飛距離はほぼ比例関係にあります。
 また 多くの方が試されている、経験済みと思いますが
 速く振ったつもりでも、実際のヘッドスピードには差がなく
 単に大きなミスが増えていきます。
 ですので 実際のコースでのショットは
 振れるけど、安定的に打てる妥協点を採用しているに過ぎません。

シャフトは振りません_Moment


 ゴルフショットは個人の行う遊びですから、
 自己メインテナンスが必須な遊びです。

 ショットが狂ってきたとき、ミスショットが連発した時、
 簡単に出来る自己メンテ、自己修復がないと
 波の大きい 一発屋のゴルフから卒業出来ません。

 ヘッドスピード信仰が強く、遠心力増大=飛距離アップ
 と信じている人は
 ボールに確定的に当たる位置にグリップを行かせてから
 ヘッドをリリース!
 シャフトでクラブはつながっていますが、 ヘッドを放っぽり投げる
 打撃方法をしているので 修正の方法が存在しません。

 遠心力を信じているので 体を回し 
 1.体  2.腕  3.クラブ
 という順番で モノを動かすので
 体を止めようとしていますが、実際には振り遅れになり、

 インパクト時は必ず 右が低く、ボールに近づき
 左が高く、ボールから離れますから
 アプローチやフェアウェイウッドなどが得意になれません。
yjimage0IQ6BINQ

 そして オジサンゴルファーにとって
 最大の問題は その方法は体への負担が大きく、
 ✋一番速度の要するところで体を止め
  離れていこうとする左サイドの為、
  負担が大きくなり易い左腕を突っ張らなくてはなりません。
  腕が突っ張らかった状態で衝撃やひねりが入れば傷むのは当然
 非常に危険です。


 飛ばし に悩んでいる人がそこを脱するには
 頭の切り替えが絶対条件です。

 ヘッドのスピードは グリップスピードに依存しており
 そのグリップスピードは動作速度に依存しています。

 ✊体を速く回せ という意味ではありません。
 グリップが移動した分 だけ 方向も速度も量そのものも
 ヘッドが移動する という観念が存在していないのでしょうね…。


 モノを速く動かしたとき、移動させたとき、
 当然 慣性や遠心力が増えていきますが、
 それが動作速度の妨げにならず、
 自分でグリップを いつ どこに どのように 移動させてきたか
 把握できないと 飛ぶこともつかめませんし、
 繰り返せる目安も見つかりませんし、
 ほかのショット、ショット全般の向上ににつながっていきません。

 ヘッドスピードなんですから それは
 インパクトの瞬間の  瞬間的なチカラ ではなく
 流れの中、時間進行の中の 移動速度 です。
 移動速度の妨げになるモノを出来るだけ排除しないと
 ヘッド「スピード」を上げることは物理的に出来ません。


  ✌念力で飛ぶクラブが売りに出されるのをお待ちくださいませ