パッティングストローク
ボールを転がす〜移動させる 時、

その地面は
.汽鵐疋據璽僉₍2000番くらい₎の上
氷の面の上

このどちらが転がる、転がりが良い と言えるでしょうか?

まあ 当たり前ですが、氷の上 ですよね。


同じスピード、同じ力加減で打った時
サンドペーパーの上を転がるよりも
氷の面の上を転がる方が 遠くへ転がりますし、
ボールの減速も緩やか、滑らかです。

010


パッティングストロークにおいて
「良い転がり」とは 滑るように移動するコト であって
ボールの回転が多くなることではありません。

もちろん ボールが地面を転がる限り
ボールには順回転〜オーバースピンになりますが、
それは摩擦によって 引き起こされます。

つまり 回転の数が多ければ それだけ摩擦は多く、
同じ距離、同じボールのスピードを作るのに労力を要します。

回転の数が多ければ それだけ地面とたくさん、
長い時間触れますので 逆目や順目などの芝生の状態にも
左右されやすくなりますし、
なにより 同じ距離を打つのに
 強いストローク
 速いストローク
 大きいストローク

が必要になります。

スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)









パッティングの要は
自分の望む距離を打つことであって
ボールの転がり₍回転₎はその手段で、目的ではありません。

シンプルに 自分の打ちたい方向に
打ちたいだけ 押して 移動させてあげましょう。

ボールを弾くように打って 結果、うまくいっても
その結果は次のパッティングに反映されません。
一度限りのパッティングになってしまいます。