改めて…考えてみることは少ないと思いますが、
左右のグリップとクラブの関係というのは
前傾姿勢 というのが錯覚してしまいますが、
右手右グリップの方が上、左手左グリップの方が下
にあるのです。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

アプローチやパッティングの
ショルダーストロークから始まる
肩の振り子のスイング。
多くの方が この延長線上でショットをしています。
振り子のアプローチの場合、
原則的に腕と胸で造る三角形は崩さないので
右手を使う と言う意識はない…というか
右手を使えばよりミスになり易い環境です。
それでも 遠くに飛ばすには右手/右腕は
使わねばならない…という葛藤に苦しむでしょう。


右手をつかう…と言う意識があるか、無いかはともかく
ショルダーストローク、それの延長線上でのショットの場合
右グリップは左グリップの下に潜り込もうとします。

フルショットなどで遠くに飛ばすため右手/右腕を使うと
 左腕は突っ張ら狩る習慣が身に付いているので
その圧力は 左サイドを上にあげてしまい、
からだの姿勢が左足上がりのような状況になります。
このような打ち方のプロを見ていると
無理やり左サイドの上りや離れを押さえ込んでるので
ものすごく不憫なスイングに見えます。
pc

本来、右グリップは左グリップの上にあり、
これから 右腕を使いますよー の段階は
トップオブザスイングですから
実質的にも右グリップの方が上にあります。
20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット

クラブを持った左グリップを下に、
イメージですが、右グリップの方が上にある関係のまま
右手・右腕で押してあげると
その圧力で 左グリップ・左サイドは上ではなく
やや下目の横(飛球線方向)に押されることになります。
それが回転の補助になります。

二つを比較してみると とても分かり易いかも…です。
MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)




動画は 左右のグリップの関係だけを意識して
スイング動作は無視して撮ったのですが、
結果として その関係が体の姿勢も作ってしまっています。


ショルダーストロークで身に付く
左手の下に右手を入れる、
左右のグリップの上下関係 というのは
グリップにも、アドレスにも色濃く反映しますし、
ダウンスイングも作ってしまいます。
MVI_0817Trim_Moment

スイング…としては結果的に、傍から見れば
当然 右手の方が低い方に行ってしまうのですが、
左手よりも上、左手を上から下へ押さえ込む
という右手の使い方を覚えて
初めて 右手でボールを叩けるようになるのです。