インパクト付近やフォローだけでなく
テークバックにおいても 腕を長く使う
腕を伸ばして! と言うのを信じている人が少なくない。

そもそも論として
他人にどう見えようとも、
遠くに、正確に、繰り返し、打てるのなら
自分のスイングの見栄えなど気にしなくても
良いと思うけれど…。

IMG_0378


スイングアーク、スイング軌道、ヘッドの軌跡
これらを大きくすると良いと思っている人が
とても多いけど、基本的には『勘違い』です。
imageCA07U19C

先日の記事で書きましたが、
スイングは 体の回転で するように見えますが、
実際に 体の回転でクラブを動かしているように「見える」
には 腕も含めたクラブの重さを使って、
先に、先に、腕やクラブを動かすように意識し
その重さによって、後追いで体が回っていく…、
上手に『体の回転と同期』させているに過ぎません。

その上で 腕を長く使えば、運動も加わり
重くなりやすく 即ち遅れやすくなります。
imageCAX9G566

勘違いしている多くの人は
からだを。。。この場合は骨盤から上の胴体 を
回す習慣がなく、腕〜肩回りだけを使って
からだの回転の真似ごとをしているだけなので
テークバックやトップの位置では
クラブが体の右に有りますから
右腕は短く、左腕は長く使わないと届きません、
クラブを両手で持っていることが出来ません。
インパクトからフォローにかけては
今度は クラブが体の左にズレますから、
反対の 左腕は短く、右腕は長く使わないと
クラブを両手で持っていられない だけ です。
imageCAJZ6XBV

例え 両肘が曲がっていたとしても
からだの回転…骨盤から上の胴体の向きの変更で
グリップ…クラブが動いていれば、
腕だけで左右の移動させて スイングの真似ごと を
するよりも 明らかに大きなスイングアークになります。

しかも 腕を短く使うので負担も少ない。

dW l (2)_Moment


加齢とともに落ちてくる筋力
握力も含め、腕周りの筋肉の落ちはかなりのモノです。
無理して 腕を突っ張らかって末、
からだを使えず、クラブの機能も使えないのなら
負担の少ない形で 腕は短く使った方が良い でしょう。


スイングの主な動作は
自分の希望や意志で行われることは少なく、
結局、重さの処理に追い回されるのですから。
0e363453-s

で あれば 始めから
上手に振らなければならないように
重さを使ってあげる という知恵で
スイングは作り出すべきです。