結果論として…だけれど
コスリ打ち になってしまう要因は
ロフトそのものを寝かしてしまう(増やしてしまう)
ことよりも
軌道は緩く、いや 上向きで打ってしまう
 コトのほうが大きいでしょう。

今の風潮として
 上向き  →高い打ち出し〜低いスピン が良いように
思われているけれど、
無理が効く若い人が速いスピードで打てば
それなりの結果になるけれど
一般的なアマチュアや力のない人がそれを真似て
良い点は何一つなく、悪いコトばかり…。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)

ドライバーショットは ティーアップされた
空中にあるボールを打つので
多少の上向き軌道でも ボールは打てるけれど
 地面から打つショットへの大きな弊害
アプローチやバンカーなどへの弊害というか
副作用が大きく、どの点においても良い点は見当たらない。


アマチュアの最も避けたいミスショットの
ダフリ〜トップの大きな要因にもなる。



コスリ打ちは ロフトとヘッドの入射角度
という縦の要素が強いけれど
これに フェースの右()向きの横要素が加わると
まるで飛ばない球になってしまうから要注意。

 👉コスリ打ちだから と言って スライスとは限りません。


しゃくり打ち・煽り打ちの こすり打ちの辛いところは
スピードを上げれば上げるほど
上げる努力をするほど、より しゃくり打ちになってしまうことで
スピードを多少上げても 距離はほとんど変わらないコト。

そして、そのしゃくり打ちの元になるのが
ヘッド軌跡が上向き ということよりも
体の姿勢が上向き 要するに 振り遅れている ことで、
それに気づいていない点が これを改善できない所でもある。

振り遅れが故に 右回転が入るコトが多いけれど
その右回転を防ごうとして ヘッドを返せば返すほど
体が上を向いてしまう 堂々巡りが待っている。
     びっくりするほどの打ちだし角度⇩8番アイアン?
dohiraki

振り遅れが問題になるから
そう言う打ち方では シャフトの柔らかさ だけでなく
シャフトそのものを上手く利用することも出来ないし、
重いヘッドでなくても、
軽かったとしても『重さの存在するヘッド』を利用することも出来ない。

シャフトの機能もヘッドの重さも
単に スイングの…というか
クラブを動かすことの負荷にしかならない。
クラブには頼れないことも辛い…ね。


腰や首 肘など痛めてしまう可能性も高く、
言葉は悪いけれど 筋肉もたくさんあって
痛みに鈍感でいられるうちは良いけれど
アプローチや地面から打つショットの改善も含め
しゃくり打ちしてしまう のを
早い段階で気づいて治す方が良いと思う。