飛距離向上
体を痛めない
には 何は無くとも
テークバックで 右
(
左打ちの人ならば左) さえ
向けば 何とかなります。

133

右(左)を向く 絶対条件は
 骨盤が右(左)を向く と言うコト です。

肩が、胸が、ではありません。

テークバックで準備不足の多くの人は
これが殆どありません。
まるで 回っていません。
3-5→3-19_中


これでは始めから 手打ち で振るしかありません。

これでは始めから インサイド が存在しません。

これでは始めから 上から打つ が出来ません。

MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)

しつこくで申し訳ないですが、
スイングには前傾姿勢という仕組み、機構が
とても重要で これを利用しないと
クラブの機能もまるで活きませんし、
これを利用しないと 単なる力づくの
身体能力ゲームになってしまいます。

ヘッドの軌跡、軌道が円を描くのは
骨盤が向きを変える〜回転するから です。
そして その軌跡が傾いた円 なのは
前傾姿勢があるからで、
前傾姿勢とは 骨盤と大腿骨の角度差 です

スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)

腕の役割は
軌道そのものの傾きを ややアップライト にし、
高さを加えている のであって
基礎になるのは 骨盤の回転 で
それを動きの基盤として 割り増しさせている に過ぎません。


本体価格は 傾きのある骨盤の回転 なのです。

腕の役割は やや割り増しを造っているだけ です。


多くの…いや、殆どの人は
肩を回せ と勘違いしていますから
スイングにとってのまえ腕
(右打ちの人の左手、左打ちの人の右手)
だけ動かして
胴体をねじる 肩を回そう としているだけで
体にとって一番負担の多い
肩と腰の捻転差を造ろう としています。
20170920_matsuyama-650x435

ストレッチ、準備運動としては有効かも知れませんが、
それを 本運動、
しかも ゴルフクラブや腕と言う重さの加わる 本運動
にしてしまうのは 非常に危険です。

que-1286095282プロレス技の名称は詳しくありませんが、
肩と腰の捻転差を造って 相手を苦しめる
コブラツイストか? 卍固め? を
自分自身で、しかも高速で、勢いをつけて
しようとしているのと同じです。
非常に危険です。


骨盤が右(左)を向くから
ボールから離れる インサイド が作られるのであって
それを 手や腕で 動かすのは
インサイド ではなく、
単にクラブを開いている、
クラブを寝かしている、
クラブを倒している、
クラブを右(左)ズラしている、
に過ぎません。

インサイドから打つ は
骨盤が向きを変えていれば
それに任せておけば 良いだけで
 腕(手)で行う必要はほとんどないのです。



骨盤が右(左)を向くから
ダウンスイング時、インパクトに向けて
からだの左右の 進行方向サイドが低くなるので
上 から打てるのであって、
これも 骨盤の向きに任せて置けば良いのです。


スナップショット 2 (2018-01-31 14-10)

ダウンスイング時、
腕も含め、クラブの重さは相当なモノになります。
おそらく 数か月の赤ちゃんを動かす よりも
重いモノになるでしょう。
それに 本来、まったく必要のない仕事を加え
上から、インサイドから、と言う条件を満たしつつ
ボールに当て、それも似たような状況で当て、
かつ 高速で動かす のは
ほぼ全部要らない行為で、
多くの人は その行為そのものが打撃、
つまり スイングになっている のです。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

自分で仕事 と信じていることが
すべて無駄な、意味のない、
しかも その仕事全体を難しくしている
という 厳しい現実 なのです。

おそらく スイングやショット、安定度を欠き、飛距離に悩む
ゴルファーの殆ど、割合で行くと8割を超える方が
この問題なのです。 この問題から始まるのです。