スイングのする際、
結果として円が描かれるわけですが、
それはシンプルに体が向きを変えるからです。
1206-07

そして その円は土星の環のように
ボール側が低くなった傾いた円 になりますが、
それはスイングの動作の基礎に傾き/前傾姿勢があるから、です。

もっともらしく、かつ 最大の間違い/過ち は
その円、俗に言う スイングプレーンに沿って
クラブを「振る」ことです。

スイング・ショットするのは人間です。
機械ではありません。
ゴルフクラブと言うのは知っての通り
1mを超える長さの先端に鉄の塊・重さが付いています。
それを いつ・どこで・どの方向に 動かすか によって
当然 人間の軸 →背骨 〜 姿勢 に影響を及ぼします

どのような振り方をしても 百キロを超えるような土台のある
ロボットのゴルフマシーンは軸がぶれません。
そのの真似をするなど愚の骨頂と思います。
mv

ボールは立体的に決まった場所にあります。
体の姿勢がいつもと違ってきたり
動作中になにがしかの負荷を受ければ
それを吸収・こなしながら 定点のボールを打とうとします。

スイングプレーンに沿って
 先端に重さのあるゴルフクラブを振れば
スイングプレーン上のヘッドの位置する方向に
遠心力で体は引っ張られ、
元々 振ろうとしていたスイングプレーン/軌跡は
違うモノに変化してしまいます。

最近の傾向としては、手でフラットにテークバックし
体を開いて アウトサイドインになる筈の軌道を
思いっきり上を向いて 軌道をアップライトに急変させる
スイングが主流です。
20170920_matsuyama-650x435

もう少し自分の頭を使って考えれば分かると思うのですが、
傾いた姿勢が基礎で体の向きを変えるんです、
それそのものが 円を描くでしょう?!
にもかかわらず クラブをそれとは別に動かすんですか?
円が2個になってしまいますよ。
・・・ゴルフのスイングはクラブを動かすんではなく
   クラブを持った自分が動くだけ…です。
手先で円を描けば、だいたいの場合
手抜きをして 体を回さなくなりますから
手打ちへの道へ突き進むことになるんです。

体・からだ としつこいですが、
フットワークが中心で体を回して
体の回転を造ろうとすると、腕やクラブの重さが
クラブの遅れ、右へのズレを生んで
結果、手で振らなくてはならなくなりますから
ここは要注意です。

腕やクラブの重さを利用して
腕さばきで 体の回転を造るようにした方が簡単です。

そのためには スイングプレーンに沿って
グリップを動かしてあげる「刷毛塗」はとても有効です。
MVI_0741_Moment(5)MVI_0741_Moment(8)








ここも注意点ですが、
スイングは傾いているところに意味が深いのです。
特に 傾斜の斜め下に、下方向に進行している時間が大切で
それをより強く維持するために
右上から やや斜め左下にグリップを動かしてあげることで
その傾斜が維持され易くなります。