イメージ…ではあるけれど、一般的な手〜腕の使い方は
手を、腕を使うことによって
グリップよりもヘッドのを方がたくさん動かし
グリップエンドとは言わないまでも
体を軸にして ヘッドで円弧を描くような使い方…。
スナップショット 1 (2012-12-07 17-08)

ある軸点を基準に そこからの距離(長さ分だけ)
グリップよりもヘッドの方が
 長い距離を移動するようなイメージ…でしょう。

弊社で言う「刷毛塗」の腕の使い方 とは
円を描くのとはほぼ関係なく、
上半身を捩じらず(股関節から上を一体にする)と言う前提で
胸に対し、平行にグリップも、ヘッドも動かす。
ヘッドは重量物なので
 グリップよりもヘッドの方が 短い距離、少なく動く
と言うイメージの方が良いかも知れません。
体の回転がない限り、グリップであっても、
ヘッドであっても 円弧を描くことも、
曲線を描くこともありません。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)







確かに 結果とすると
体の回転は 円を描くので
ヘッドの方がその長さ分 移動距離は大きくなりますが、
それは体の仕事であって
それを 腕で行おうとしてしまうと
 スイングに大きな影響を与える副作用を生みます。

体の回転による 円弧を無視すると
ヘッドの方がグリップよりも多く動いてしまうと
円そのものが内に切り込んでしまいます。

これは グリップとヘッドの関係 だけでなく
ヘッドの中の ヒールとトゥ の関係も同じです。
IMG_0459

円弧を大きくしようとして
ヘッドを大きく、長い距離を動かそうとすればするほど
円は内に切り込み 小さな円になってしまうというコトなのです。

ゴルフショット ゴルフスイングは
角度が重要で その角度はヘッドの持っている
ロフト角度やライ角度だけでなく ヘッドの軌跡
と言うのも角度の一部です。

ヘッドの方が 意図的に 腕さばきによって
多く動くと言うコトは ヘッドの姿勢もヘッドの軌跡も
より変化が激しくなります。
スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)

まして ヘッドを下振る ということは
左グリップの下に 右グリップを入れることになるので
それはそのまま 体の姿勢
左肩・左サイドよりも 右肩・右サイドを低くする
と言うコトに直結しますので
届かせるために ヘッドを下に振っているのに
体はどんどん上にボールから離れていくことになるのです。