何度も書いていますが、
スライスとコスリ球は違うモノです。

違うモノですが、ゴルフクラブの構造上
同時に起こり易くのも確かです。


IMG_0549


スライスは過度に右回転の入った球で
👉ヘッドの移動してきた軌跡に対し
ヘッドが大きく右を向いていること
 によって起こります。

これをヘッドターンで対処しようとすると
ヘッドターンをするほど
基準になる軌道がインに切り込むため
ウサギと亀の追いかけっこになり易いのです。
IMG_0516

一方、コスリ球は
スライスと同じ状況の縦(上下)バージョン
軌道に対し、オリジナルの製品ロフトよりも
寝た(増えた)状況になることによって発生します。
IMG_0515

特に ヘッドターンをさせ
ヘッドがグリップよりも前に出ると
ロフトは付きやすく、かつ 必ず上昇軌道になります。

一番 スライス&コスリ球の合わせ技で飛ばない のが
ゝ案擦紡个掘.侫А璽垢右を向き
▲蹈侫箸眩え
上がり軌道になる 場合です。

この3つが掛け合わさると
例えヘッドスピードが 45ms 有ったとしても
180ヤード程度のキャリーになってしまいます。

右回転が入っても ロフトが締まっていれば
左回転の弾道と距離のそん色は殆どありません。



ロフトを絞めるには
ハンドファーストを無理やりすることではなく
体の右向き(左サイドの低い)
体の下向きの時間をたくさん確保するのが
一番 確実な方法
 と言えます。

また 振り遅れが発生し、
俗に言う アウトサイドから入ってくる形になると
それだけでも遅れているのに
アウトから入ってくる軌道に対し
フェースを閉じなくてはならない時間分、更に遅れますし、
フェースを閉じる分 体が開きますので
ヘッドの下降中にインパクトを!
 というのはまず不可能です。
IMG_0548

正規なヘッド軌道は
体の回転に沿って、ボールの内側(自分側)
から入ってくるので、かなり右を向いています。

一番速度の速くなる時間の無い忙しい箇所で
高度なことをしようとしない
 と言うのが大切です。

そのためにも
ちゃんと骨盤毎 右を向く時間をたくさん取る
右ひじを外に張って 胴体を右に向ける量を確保する
という 準備は ダウンスイングのこて先の誤魔化し
よりも 重要なのです。