一般的にスイング論ではあまり問題とされていませんが、
スイング動作にとって
 両肘の高さ関係は体の姿勢に直結 します。
 👉左右のグリップの上下関係とも言えます。

直結する とは
現在の両肘の高さ関係が直近、すぐ未来の
体の姿勢を左右する
 と言う意味です。


けΔ劼犬諒が必ず高い関係性を造る

ダウンスイングが一番分かり易いので、例に挙げます。
腕で振ってしまおうが、
体の回転なりにスイングしようが、
体の向き と 体の上下の高さ というのは
体の構造上、スイングの機構上 切っても切れない関係で
体が右を向いていれば、左右の体の左サイドが低く
(右サイドに比べ)
体が左を向いていれば、左右の体の左サイドは高くなります。
スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)

右向き、骨盤〜胴体の右向きがある程度の量
"必要最低限以上の量が満たされている"という条件であれば
インパクトまで は
当然 体は右向きです。
右向きと言うコトは
 体の左サイドに比べ、右サイドの方が高くなります。
よって その体から生えている両肘の関係も
右ひじの方が、もしくは右グリップの方が
インパクトまでは 左肘や左グリップよりも
高くなっている『筈』なのですが、
多くのゴルファーは かなり早い段階で
右肘・右グリップが 左肘・グリップよりも低くなります。

すると 必ずその分、
体は左向き・左サイド高 になります。
おそらく 正面を経由しても左向き ではなく
右向きから一気に左向き
骨盤から上の胴体をひねるような姿勢に
なってしまうのです。

スイング動作を治していく
(特に練習頻度や量の少ないアマチュアおじさんゴルファーにとって)
という観点で言うと
スピードの調整が効いて、途中で辞めておくコトも出来る
テークバックを除けば、ダウンスイングなどで
へそから下の部位、俗に言われる下半身 を
管理・コントロールすることはほぼ不可能です。

ダウンスイングで 腰を切る動きなんて
ダウンスイングの初期の無造作に腰を回すだけで
肝心の ボールを打つところ は
その腰の動作とはほぼ無関係の
「手打ちをするためのキッカケ」に過ぎませんし、
インパクトで「体の正面」を造る動きも
無理やり 腰の回転をとめる 動きも、止める反動で
「手打ちをするための発射台」に過ぎません。


それら下半身、体の姿勢の管理・コントロールは
両肘の関係性・両グリップの上下関係で
維持管理するしか方法はないと思います。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

そのためにも
テークアウェイで
両肘の関係性をキチッと作っておき、
体が開かない、体が上を向かない余裕も
与えておかなくてはイケマセン。



テークアウェイ〜トップの位置〜ダウンスイング
これらは一貫して 右向きの時間 です。

よって 体の左サイドよりも右サイドの方が高い
時間ですから、当然右ひじの方が左肘よりも高くなる時間帯です。
スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)ですので ☚このような悪い関係を造ると
すぐに 左サイドの方が高く、
それに沿った体の開きが訪れます。
左サイドが高くなり、体が開けば
ボールに届かなくなりますから
どこかで体も止めなくてはならなくなる
と言うスイング手順が この時点…で決まってしまうのです。

きっちり右向きが出来ていないのもそうですが、
正しい向きであれば 右サイドの方が高く、
よって右ひじの方が明らかに高い位置関係になるのに
左ひじの方が高い となると
左腕は突っ張り、右腕は縮こまりますので
体の側帯も同様に 左側帯はつっぱり、右側帯が縮んでいます。
その上、クラブは開き、シャフトは寝ているので
クラブの重さは殆ど右腕・右手に掛かってしまっていますから
ま 当然の流れで 次の動作では
右サイドが沈み込んでしまいます。