コスリ球とスライスは別なモノですが、
対策は似たようなことで可能です✊

何は何より「右向き」を増やすコト✊です
sample 091020 1-198フレームショット


そのファーストステップとして

骨盤を右に向ける
コトです。
s3

体が回転する…この言葉の「からだ」は
打ち手の胴体のコトを指します。

体を回転させることの中の
とても重要なことは
 スイング動作には「前傾姿勢」を含ませるコト です。

1-1前傾姿勢…とは 体が前に傾くコト✊ で
その前傾姿勢は 体の「前に」傾く角度で
人間の体の機構・構造の中で
 はっきりした「角度」を造れる場所は
  股関節 しかありません。

体の向きを変えながら
 その前傾姿勢を維持していくには
体重のかかっている軸足の
 骨盤と大腿骨(軸足)の角度/角度差 が必要です。

👉体重のかかっている脚は
 直立に近い形になるので 前傾姿勢を維持し易くなります。

前の記事でも書きましたが、
骨盤を回さず、上体/肩だけを捩じるテークバックでは
前傾姿勢が維持できるように『勘違い』します
インパクト時にそれを維持するのは絶対に不可能です。

321

ですので…
テークアウェイは
 ✌しっかり骨盤を右に向けるコト✌
 ✌バックルをしっかり右に向ける✌
 ✌秀二をしっかり右に向ける✌

バランスが取れる限り
 骨盤の右向きはあればあるほど良いです

多くて悪いことは何一つありません!
スイング動作の全てと言えるかもしれません。
逆を言えば、骨盤がしっかり右を向いていない というのは
ゴルフスイングと言う運動の動作になっておらず、
単なる ゴルフスイングの真似ごと をしている
 に過ぎません。
338

スイングで造られる ヘッドの通る道〜軌跡
スイングプレーンが傾いているのは前傾姿勢があるからです。
クラブを斜めに振ることではアリマセン。
前傾姿勢がある上で、体の向きが変わるから
 スイングプレーンが傾いているのです。

スイング動作を通して 前傾姿勢を維持する唯一の方法は
前傾姿勢を固定するのではなく、
骨盤の向きを変え、
正面から右、
右から正面、
正面から左、
へと 回転に伴って前傾姿勢を移すことです。