サンプルになって頂いたこのケースでは
フルスイングでなかったこと、
体幹にパワーのある方ですので
 ボールと正対した状態で体を止められること
が重なっているので
一見するとインパクトを正面でとらえているように見えますが、
これがフルショットであったり
逆にアプローチであったりすると
非常に不安定なインパクトになってしまいます。

結果論的な解説にはなってしまいますが、
0:1〜0:2に移る部分で
 グリップの左への移動が止まってしまいます。

これは『ハイ!直ぐに』と言う訳には行かないでしょう。
長年の練習によって
 インパクト時の左腕の位置、体に対する左腕の位置を
記憶してしまっていますから…。

それ以前の両腕・両肘の流れ通りに
 左肘を逃がさなくてはイケマセン。

言うは易し、行うは難し とは思いますが、
シャットをもっと維持する意識を持てば
 より左肘・左上腕は逃げると
思います。

左肘 左上腕がシャットによって逃げれば
腕やクラブの重さはより左足に掛かり易くなります。

脚の意識なんかはしても出来る状態・時間ではありませんが、
インパクトまでは 左ひざは曲がっているモノです。
イメージだけで良いのですが、
インパクトでは左下半身は一番沈んでいる
 と思ってよいでしょう。
クラブを下に振って ボールに届かせるのではなく
左サイドの低さが ボールに届かせるのです。

意識するのは難しいですが、
シャットを造り 左脚にもっとクラブや腕の重さを
掛ければ その時間は維持・確保がし易くなると思います。


 
607a83e4-s
このプロのアプローチは一見すると
 問題ないように見えますが、
この見た目をそのまま真似てはイケマセン。

本来、この流れ 特にヘッドが上下に弧を描くのは
体が回転することがエンジンになるはずなのですが、
このアプローチでは 体の回転ではなく
自分でヘッドに弧を描かせています。
その結果、クラブを下に振るので
 その空間を造るために左サイドが伸びあがっています。

というよりも 弧を造るのを
 肩の揺さぶりでしてるんですから
その動きは必須になっちゃいますよね


腕のサポートも必要ですが、
体の回転でグリップが動くから
 結果、ヘッドが弧を描く という
非常に基本的な感覚を忘れていると思います。

アプローチが基本になるのですが、
 ショットの基本中の基本になる部分です。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(2)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)



アプローチで言えば
 よほどの練習量がない限り、
このアプローチでは
 本来のショットで出る弾道よりも
高く打ち出され、スピンの効かない
ぽわんとした球になります。
緩い高さが出るばかりで
 必要以上に強く打たなければなりませんから
距離感も掴みにくいだけでなく
 強く打つ分、ミスもし易くなります。

打つ距離にもよりますが、
 自分で円弧を造りますから
インパクトが左サイドの上がった後にずれればダフリ
その度合いが強くなればトップと言う
上手く打つのは 瞬間のタイミングを逃さない
アマチュアがこれから覚える「べき」の
アプローチではないですね。




ジャンボも同じことを言っていますが、
 案の定、通じていないようですね(*_*;

練習量も体力もあるジャンボがこのアプローチをして
そうで無い選手が 自分で弧を造るアプローチをしたら
そりゃ…勝てないですよね。