昔から ゴルフは
『グリップに始まり、グリップに帰る』
と言われるほど グリップは大切です。

多くのゴルファーのグリップは
今のその形を目指したわけではなく
いつの間にか 今の形に落ち着いた という感じだと
思いますが、それはクラブの扱い方に準じます。


特に問題になるのが 左手のグリップ です。
現在の主流は 左右が相対することを放棄して
左手がフックと言うか ガブ握り
右手は添えるだけのような形が多いですね
IMG_0511

それは 左手グリップを支点に
クラブを跳ね上げる、クラブを振る からで
がっぷりと握っていないとクラブが飛んでしまいます。
IMG_0528

グリップは そのクラブの扱い方が変わって行かない限り
握り を変えても、数球も持たず 元の握りに戻ります。
よって 意識はしながらも、自分のクラブの扱いの変化
の目安として 『握り』に注意してみてください。

hand_kansetu


グリップは用語的に指で握ることを指し、
手のひらで握るのは「グラブ」です。
指は 先端部から 第一、第二、第三関節 とありますが、
第三関節 ✊ (俗に言うナックルの部分ですが) は
厳密には指ではありません。

よって クラブを握る際
とても大切になるのは
グリップは両手で握りますから
その密着度と位置関係です。

お互いの手のひらを向き合った関係になっていることは
とても大切で そのためには
左手を✊にして握るのはあまり感心しません。

左手にもしっかり手のひらが出来ているから
右手と相対しますし、それによって密着度もあがります。
IMG_0530IMG_0531









ですので 今すぐにとは言わないまでも
第三関節にナックルを造らない
左手にも手のひらを造れるようなグリップは欲しいところです。
左手を握り込むのであなく
手のひらは熊手のように外に反らせるような感じです。

慣れとともにクラブの扱いもあるので
目安として意識しておいてください。

IMG_0533IMG_0532











???疑問に思う人もいると思いますが、
この握りでは クラブが飛んでしまう
握っていられない・・・ のではと思うでしょう。

そこがポイントなのです。

左手を支点としてクラブを振ることが出来ず、
クラブを握っていられないから
左手、グリップ、体がどんどん回る!

左グリップがガブッと握る ということは
スイング動作中に体が止まることを示唆しているのです。


それと同時に
これも意識して貰いたいのは
左グリップの指と指を出来るだけ離して
✋ぱー で握って貰いたいのです。
IMG_0534

多くの人はグーで
指をつかって 掌の方にグリップを押し付けています。

そうではなく、出来るだけ指と指に感覚を開け
指も含め、左手の平を広く使って貰いたいのです。

グリップは 単純に 強さと接触面積の関係です。

グーで握る握り方は
その握りに反し、接している面積は少ないので
より力で握らなくてはならず、
指を開いて握る方が 実は少ない力で握ることが出来るのです。

ボールを打たない状態でトライしてみてください♪