一休さんの問答みたいに思うかも知れませんが、
『グリップの極意は握らないコト』 です。


             は?!

になりますが、グリップはその言葉の通り
グラブではなく、グリップです。
指で握るのがグリップです。
そして 指で握れば
 そう強い力ではクラブを握ることが出来ず、
クラブを「ホールド」して行く訳にも行きません。
それがグリップです!  

?????? ですよね

dc9819c048f73101














ゴルフクラブと言う 長さがあり、
その遠いところに重さがある道具を
上手に利用するには
重さが自分から遠くに離れていくところに
掛かるように使うのは 不適切な方法です。
多くの二人は 打撃部のヘッドの速度アップにばかり
意識が行き、遠心力をかけ、
その結果、クラブが手から抜けないようにするのに
クラブそのものの移動速度を止めようとする
とても矛盾する行為をスイングを誤認識しています。

グリップを理解すると スイングの理解にもつながって行きます。
IMG_0531

ゴルフクラブは
長い棒の その先端に集中する重さを利用し
グリップを動かして、ヘッドを動かす構造になっています。
そのための ヘッドの重心位置…
 棒であるシャフトの延長線上に重さが無く
 ズレた位置にヘッドの重さがある と言うコト
でもあります。

同時に、シャフトの使い方は
グリップを支点として「ヘッドを動かすのではなく」
ヘッドの重さを利用して『グリップを動かす為』
グリップの移動がクラブの使い方であり、
スイングであります。

そのグリップを動かす 主なエンジンになるのは
体の向きの変更〜体の回転です。

腕は先導役にもなりますが、
そのつなぎ手にもなりますので
「ホールドしないで」クラブを使えば
ヘッドの重さがグリップの移動になり
それが体の回転の補助や先導になって行きます。

クラブ・ヘッドの重さを回転の補助にしていくため
グリップの移動を止め、グリップが支点になるような
握り方の方法グリップは スイングを良くしません。
スイングを覚えさせません。

握っていられないようにグリップ(意味不明?!)していれば
体の回転でグリップを逃がさなくてはならなくなります。
そこ、とても重要なんです。

そんなグリップでは クラブを持っていられず
スッ飛んでしまう と言うグリップが理想です。

実際に クラブをすっ飛ばしてしまうことを推奨する訳では
ないのですが、そうすれば すっ飛ばないような体使い
クラブ使いになり、体力に依存しないスイングになります。
飛ばすな と言う意味ではアリマセン。
飛ばす方法を変えましょう と言う話です。

殆どのゴルファーが体験していると思いますが、
自分の頭の中で思い描いている動き・スイングと
実際の動き・スイングにはかなりの隔たりがあります。
それは 実際にボールを打つ時に掛かる
自分が作り出す「不可抗力」に対処して
必然として、負荷に反応した動きをしているからです。
不可抗力によって せざるを得ない動きをしているのです。
であれば、良い動きをさせられてしまう
不可抗力を造れば良いのです。

IMG_0530


飛ばないと悩む多くの人は
おそらく「握力があまり強くない人」です。
女性や高齢な方、腱鞘炎に悩んでいる人には
左の手の握力が 20坩焚爾凌佑發燭さんいるでしょう。
ヘッドを振り回すスイングでいる限り、
握力の強さとヘッドスピード、そして飛距離は
かなり比例な関係にあります。
その握力では ヘッドスピード25ms辺りが限界になります。

それでは面白くありません。

握らないグリップを造り、クラブ・ヘッドの重さで
グリップを逃がすことを覚えれば
ヘッドスピード30㎳越えも可能です。
IMG_0529IMG_0528









下剋上…とまで行かないかも知れませんが、
握力・体力はあまりないのに飛距離は出る!
 可能性があるから
ゴルフは面白い訳で、脳みそを筋肉にするのでなく
知恵を使って ボールを飛ばす人がいるのも
ゴルフの醍醐味の一つだと思います。