◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

ゴルフ◆アプローチやパッティングの距離感

 


アプローチやパターなどの距離感というのは
基本「ボールの移動スピード感」と言っていいのです。
力加減とはちょっと異なります。

が故に 例えばグリーン上で
そのストロークや全容を見ていなくとも
なかまのパッティングしたボールの移動スピードを
目にした瞬間(特に出球)
「あ! 大きい。」
「あ! ショートする。」
というのが分かってしまうのです。
2

L型ブリストルパターをお使いになられると
同じ距離を打つのでも
市販のパターとは ボールの転がりのサマ
スピードの変化が異なるのを感じると思います。

市販の平均的なパターのヘッド重量は 300g強
L型ブリストルパターのヘッド重量は 470g

シャフトの硬さにも大きな違いがあるのも要因ですが、
同じ距離を打つにしても
市販のパターは出球の速度は速いですが、
ブレーキがかかるように減速が早く
出球の速度の割に届かないことが多くなります。
IMG_0034 (2)

L型ブリストルパターは
出球は市販のそれよりも遅めですが
減速が緩く、速度変化が非常に少ないのです。
限りなく、手でボールを転がし投げたのに近いのです
ですので、パターストローク、ショットも
その移動するボールの速度通りに
自分が動作すればいいだけです。

これはウエッヂでも同じことが言えます。
市販のウエッヂの平均的ヘッド重量は290g
弊社の悶絶ウエッヂのヘッド重量は370g
この差は思っている以上に大きいです。

市販のヘッドの軽さ、シャフトの硬さでは
まあそれを打つ打ち方の違いもあるにはありますが、
ショット、ストロークする動作速度と
移動するボールの速度にあまり結びつきがなく
速度が非常に乖離しているので
やれ力加減とか、ストロークの大きさとかで
距離感を造りだそうとしてしまうのです。
IMG_0032 (2)


他のボールを使うスポーツ
野球でもテニスでもサッカーでも
投げ方や打ち方、蹴り方は解説できても
教わることも教えることは出来ても
その距離の投げ分け、打ち分け、蹴り分けは
どこにも書いてありませんし、
あくまでも個人個人が「感覚的」に経験で
覚えていくしかありません。

その元になっているのは
やはりボールの速度と動作速度の関係です。

詳しくはないのですが、
野球のチェンジアップなどは
動作速度とボール速度が合わないから
打者はタイミングが外されるのだと思います。
サッカーのキックのフェイントなんかもそうですね。

勿論、動作速度とボール速度はイコールではありませんが
その加減具合はある一定の比例関係であればあるほど
距離感を養うのはやさしくなります。
IMG_0031 (2)

ゴルフの場合、はっきり言って
その距離感を 市販のクラブ、パターの
ヘッド重量とシャフトの硬さが壊してしまっている
と言って間違いでないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ