体の回転で直にボールを打つのには
とても大きなメリットが沢山あります。


その一つが『規則性を保ち易いコト』です。


スイングの円弧を手で作るスイングは
打撃の手順として、体・骨盤を正面に向けたまま
手や肩周りだけでテークバックを取るか
もしくは ダウンスイングに先に『腰を切って(回して)』
あとから 自分では体だと思っている肩・腕を振って
クラブを動かす と言う順序です。

スイング、そしてゴルフクラブの特性上、
この手順では スイングにボールと正対する
『正面』と言うのが存在しません。
dohiraki

スイングにとって『正面』というのが大切なのは
ボールと正対していれば、概ね両方の腕の長さのつり合いが取れ
ヘッド姿勢・ロフト姿勢などが均一になり易い コト と
正面のあるスイングは クラブの重さや腕の重さ、
良い意味での遠心力など、良い意味での不可抗力によって
強く意識をしなくとも
体の正面の傾き「前傾姿勢」が維持し易い と言うコトです。

 …逆を言えば、前傾姿勢がなくなってしまう というのは
  体の正面が存在しないスイング、
  インパクトがアバウトであっても 体の正面でない!
  と言う意味でもあります。
  よって 体の正面が存在しないのに、
  インパクトがボールと正対した時期ではないのに
  無理やり、前傾姿勢を維持しようと思っても不可能なのです。
  と、同時に体の正面を造り、それを止めたまま
  インパクトを待つ というのは
  体の回転でボールを打っていない証 でもあります。



ショットにおける 弾道 というのは
『ヘッドの上下左右のボールへのコンタクト角・入射角度』
IMG_0607

そして 『入射角度・軌道に対するヘッド姿勢』

そして 『その速度とヘッド重量の兼ね合い』

によって決まってきます。

IMG_0549IMG_0548













ヘッド軌跡とヘッド姿勢に大きく作用するのは
体の姿勢です。

ヘッドの軌跡、俗に言うスイングプレーンを
手で作ってしまう『振り遅れ』『正面の無いスイング』は
手で作るがゆえに それそのものも規則性を持ちにくい上、
その作用によって体の姿勢も毎回影響を受けてしまう
おそらく 似たような軌跡・ヘッド姿勢になるのは殆どなく
毎回 新鮮な組み合わせの連続になるでしょう
二度と打てない球を毎回打っている状態になります。

ですので それをやっている最近のプロは
それを極めるために 不必要な練習を
非常に負担の多いスイングで行い
若いうちに摩耗してしまう 消耗品状態です。

ゴルフを娯楽・趣味にしている 私達アマチュアが
真似ても 何も良いことはないでしょうね(*_*;

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)


体の回転で直にボールを打つ
 のに必要な考えは
腕やクラブに速度という要素が加わっても
想定内の重さで済み、
体の回転の進行に遅れないことです。


逆に その重さを利用して
先に先に 腕やクラブを移動させ,
体の回転でゴルフクラブを引っ張るのではなく
ゴルフクラブの、その重さで体を回していく
その重さを体の回転で逃がしていく
そんな発想に転換をした方が良いと思います